ヤクルト「独走態勢」を止められるのは巨人だけ? 下位では阪神のみに“上がり目要素”

プロ野球

2022/06/10 18:00

 ペナントレースの約4割を消化した今年のプロ野球。セ・リーグでは昨年の覇者であるヤクルトが交流戦でも大きく勝ち越すなど、頭一つリードした印象を受ける。絶対的な先発の柱は不在だがリリーフ陣が昨年を上回る安定感を見せ、打線では主砲の村上宗隆がさすがの存在感を示している。長期離脱中の奥川恭伸、サンタナが戻ってくることができれば、一気にリーグ連覇へと加速することも十分に考えられるだろう。果たしてそんなヤクルトに迫ることができるチームは出てくるのか。残り5球団の今後のプラス要素を探ってみたいと思う(成績は6月9日終了時点)。

あわせて読みたい

  • “混セ”を制するのはヤクルト? 優勝した3年前と状況が酷似【菊田康彦】

    “混セ”を制するのはヤクルト? 優勝した3年前と状況が酷似【菊田康彦】

    dot.

    6/24

    セ・パ両リーグ「昨季Bクラス」からの巻き返し予感させるチームは?

    セ・パ両リーグ「昨季Bクラス」からの巻き返し予感させるチームは?

    dot.

    3/15

  • 巨人は大黒柱が“心配の種” 開幕から1カ月、各チームの「不安要素」は…【セ・リーグ編】

    巨人は大黒柱が“心配の種” 開幕から1カ月、各チームの「不安要素」は…【セ・リーグ編】

    dot.

    7/21

    交流戦開幕! セ・リーグの”逆襲”はあるのか?

    交流戦開幕! セ・リーグの”逆襲”はあるのか?

    dot.

    5/30

  • 一体何が起きているのか…開幕から1カ月、完全に「誤算」となった選手は?

    一体何が起きているのか…開幕から1カ月、完全に「誤算」となった選手は?

    dot.

    4/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す