生産コスト上昇で「モヤシ」業者が悲鳴 ラーメン店で山盛りモヤシを残す客に「道具ではない」と嘆きも

モヤシ

2022/05/31 11:30

 モヤシの生産業者がかつてない苦境に立たされている。原料種子価格の高騰や、ロシアのウクライナ侵攻の影響などによる原油高で輸送費や工場での燃料費がかさみ、生産コストが上昇している。にもかかわらず、小売店への納入価格はなかなか上げてもらえない現状に、生産業者からは「薄利で耐えてきたが、もう限界」と悲鳴が上がる。客寄せの目玉として激安販売されるなど「食卓の優等生」「財布に優しい」のレッテルを押し付けられてきたモヤシ。安価な値札の向こうには、ギリギリの経営に苦悩し、廃業を選ぶ生産業者たちの現実がある。

あわせて読みたい

  • もやし、納豆、豆腐が消える!? 激安食品のウラに生産者の悲鳴

    もやし、納豆、豆腐が消える!? 激安食品のウラに生産者の悲鳴

    週刊朝日

    6/27

    子牛も“少子化”で価格が爆騰 「和牛」が食卓から消える!?

    子牛も“少子化”で価格が爆騰 「和牛」が食卓から消える!?

    週刊朝日

    11/29

  • そもそも犬の「値段」はどうやって決まるの? 3つのルートとは

    そもそも犬の「値段」はどうやって決まるの? 3つのルートとは

    dot.

    2/5

    ビールも牛丼も! 春の値上げラッシュがハンパない…

    ビールも牛丼も! 春の値上げラッシュがハンパない…

    週刊朝日

    4/9

  • 小池都知事の「築地市場を守る」はどうなった?コロナの陰で進む「業者潰し」政策

    小池都知事の「築地市場を守る」はどうなった?コロナの陰で進む「業者潰し」政策

    週刊朝日

    6/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す