ドラフトで注目浴びた「ビッグ3」や「四天王」 プロ入り後“全員成功”のケースあるか

プロ野球

2022/05/21 18:00

 その年のドラフトで目玉クラスの選手が複数いる時に「高校生ビッグ3」、「〇〇の四天王」、「〇〇の三羽烏」などと称されることは少なくない。昨年も小園健太(市和歌山→DeNA1位)、風間球打(ノースアジア大明桜→ソフトバンク1位)、森木大智(高知→阪神1位)が高校生投手のビッグ3と言われ、揃ってドラフト1位でプロ入りを果たしている。ではこのようなくくりで評価された中で実際プロ入り後に活躍しているのはどの世代なのか。2000年以降の主なところをピックアップして評価してみたいと思う。また、中には立ち位置的に目玉ではない選手が含まれているケースもあるが、同じくくりでまとめられた例も含めている。

あわせて読みたい

  • 今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    今季は阪神・佐藤輝明がブレークも、「大卒スラッガー」の“成功率”は高くない?

    dot.

    6/27

    “逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【投手編】

    “逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【投手編】

    dot.

    6/6

  • 今年の選抜は「プロ注目の好投手」が超豊富、過去と比べても“最高レベル”?

    今年の選抜は「プロ注目の好投手」が超豊富、過去と比べても“最高レベル”?

    dot.

    2/18

    “逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【野手編】

    “逸材中の逸材”は誰だ? 過去10年のドラフト指名選手を番付にしてみた【野手編】

    dot.

    6/5

  • “過大評価”の選手も? 甲子園の活躍がスカウト陣に与える「大きな影響」

    “過大評価”の選手も? 甲子園の活躍がスカウト陣に与える「大きな影響」

    dot.

    9/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す