複雑な世界について、考え続ける<小佐野彈さん×李琴峰さん特別対談>

朝日新聞出版の本

2022/03/23 16:00

 歌人で作家の小佐野彈さんと芥川賞作家の李琴峰さんのトークイベントが、2022年1月23日にジュンク堂書店池袋本店で行われた。それぞれの新刊『僕は失くした恋しか歌えない』(新潮社)、『銀河一族』(短歌研究社)、『生を祝う』(朝日新聞出版)に関して、大いに語り合った。答えのでない問題とどう向き合うか。資本主義社会のなかでの文学の意味とは。その一部を特別に公開する。

あわせて読みたい

  • 「殺意も産意もつまるところ、他者を意のままに操りたいという人間の最も根本的な願望の発露にほかならない」芥川賞作家・李琴峰インタビュー<後編>

    「殺意も産意もつまるところ、他者を意のままに操りたいという人間の最も根本的な願望の発露にほかならない」芥川賞作家・李琴峰インタビュー<後編>

    dot.

    12/23

    短歌界の気鋭、ゲイである自身を投影した初の長編小説を上梓 「ノンフィクションとフィクションのあわい」を表現

    短歌界の気鋭、ゲイである自身を投影した初の長編小説を上梓 「ノンフィクションとフィクションのあわい」を表現

    AERA

    2/3

  • 胎児が「生まれるかどうか」を決める世界が与える衝撃 芥川賞作家・李琴峰インタビュー<前編>

    胎児が「生まれるかどうか」を決める世界が与える衝撃 芥川賞作家・李琴峰インタビュー<前編>

    dot.

    12/23

    「スマホ世代の子どもでも物語は必要」角野栄子、高橋源一郎対談

    「スマホ世代の子どもでも物語は必要」角野栄子、高橋源一郎対談

    AERA

    7/21

  • 『魔女の宅急便』角野栄子さんがジブリ版を見て思ったこととは

    『魔女の宅急便』角野栄子さんがジブリ版を見て思ったこととは

    週刊朝日

    7/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す