【独自】国立病院機構傘下のコロナ中核病院で看護師、医師らが大量離職 パワハラ騒動で院長へ退任嘆願書も

新型コロナウイルス

2022/02/19 09:09

 オミクロン株の感染流行で医療体制がひっ迫している。そんな中、コロナ対応で中心的な役割を期待される国立病院機構(NHO)傘下にある災害医療センターで、医師や看護師が大量に離職し、医療提供に影響が出ていることが、AERAdot.の取材で明らかになった。院内では、コロナ対応をした職員に対する院長の差別発言やパワハラ騒動、さらには盗撮問題が起こっており、職員からは院長の退任を求める動きが出ている。

あわせて読みたい

  • 【独自】国立病院機構の臨時医療施設が第6波に間に合わず3月開設 尾身会長のJCHOも病床確保率低く批判も

    【独自】国立病院機構の臨時医療施設が第6波に間に合わず3月開設 尾身会長のJCHOも病床確保率低く批判も

    dot.

    1/27

    【独自】国立病院機構の臨時医療施設が第6波に間に合わず3月開設 尾身会長のJCHOも病床確保率低く批判も

    【独自】国立病院機構の臨時医療施設が第6波に間に合わず3月開設 尾身会長のJCHOも病床確保率低く批判も

    dot.

    1/27

  • 病院「再編」リストに国立病院機構30病院の衝撃 「切り捨て」辞さない省内の空気感

    病院「再編」リストに国立病院機構30病院の衝撃 「切り捨て」辞さない省内の空気感

    AERA

    11/1

    厚労省424病院「実名公表」の深刻な余波 地方の医師不足に拍車「採用辞退」も

    厚労省424病院「実名公表」の深刻な余波 地方の医師不足に拍車「採用辞退」も

    AERA

    11/1

  • ピーク試算は受診者1日42万人 “医師の死”が招く医療崩壊とその防衛策

    ピーク試算は受診者1日42万人 “医師の死”が招く医療崩壊とその防衛策

    AERA

    4/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す