【独自】国立病院機構傘下のコロナ中核病院で看護師、医師らが大量離職 パワハラ騒動で院長へ退任嘆願書も

新型コロナウイルス

2022/02/19 09:09

災害医療センターの看板(撮影/吉崎洋夫)
災害医療センターの看板(撮影/吉崎洋夫)

 オミクロン株の感染流行で医療体制がひっ迫している。そんな中、コロナ対応で中心的な役割を期待される国立病院機構(NHO)傘下にある災害医療センターで、医師や看護師が大量に離職し、医療提供に影響が出ていることが、AERAdot.の取材で明らかになった。院内では、コロナ対応をした職員に対する院長の差別発言やパワハラ騒動、さらには盗撮問題が起こっており、職員からは院長の退任を求める動きが出ている。

【画像】「まるで他人事」と職員も呆れたNHO本部からの言い分はこちら

*  *  *

「職員が大量に辞めて、コロナ対応にも影響が出ている」

 こういうのは災害医療センター(東京都立川市)の職員だ。

 災害医療センターは国立病院機構(NHO)の傘下にある病院の一つ。NHOは厚労省が所管する独立行政法人で、全国に140病院、約5万3千床を持つ、巨大病院グループだ。地域医療の中核を担っており、コロナ対応でも、97病院で2515床(昨年9月27日時点)を確保し、治療にあたっている。災害医療センターも都西部の救命救急センターとして主要な役割を果たし、新型コロナの中等症・重症患者を受け入れる重点医療機関として、まさに最後の拠り所とされている。

 そのような重要な病院で何が起こっているのか。職員はこう嘆く。

「看護師が月に3人から5人辞めている。昨年度で70人程度、今年度も同じくらいの人数が辞める予定です。NHOの関東信越のエリアでもこんなに辞めるのはウチくらいでしょう」

 懸念されるのは医療への影響だ。現在の状況についてこう語る。

「年度初めには新人ばかりで機能しなくなるというのが現状です。病院幹部が現場に判断を丸投げし、現場が判断してもそれを覆すということが繰り返されている。コロナ対応にあたる看護師もそうした対応に参ってしまい、休職に追い込まれました。看護師が減れば、患者の対応にも限界がある。受け入れ患者も減っています」

 本来であれば、NHOはコロナ禍で中心的な役割が期待されるところだが、災害医療センターではそうした期待に沿えない実態がこれまであったようだ。

NEXT

クルーズ船の感染拡大に対応した職員に、院長から衝撃の発言

1 2 3 4 5 6 7

あわせて読みたい

  • 【独自】国立病院機構の臨時医療施設が第6波に間に合わず3月開設 尾身会長のJCHOも病床確保率低く批判も

    【独自】国立病院機構の臨時医療施設が第6波に間に合わず3月開設 尾身会長のJCHOも病床確保率低く批判も

    dot.

    1/27

    【独自】国立病院機構の臨時医療施設が第6波に間に合わず3月開設 尾身会長のJCHOも病床確保率低く批判も

    【独自】国立病院機構の臨時医療施設が第6波に間に合わず3月開設 尾身会長のJCHOも病床確保率低く批判も

    dot.

    1/27

  • 病院「再編」リストに国立病院機構30病院の衝撃 「切り捨て」辞さない省内の空気感

    病院「再編」リストに国立病院機構30病院の衝撃 「切り捨て」辞さない省内の空気感

    AERA

    11/1

    厚労省424病院「実名公表」の深刻な余波 地方の医師不足に拍車「採用辞退」も

    厚労省424病院「実名公表」の深刻な余波 地方の医師不足に拍車「採用辞退」も

    AERA

    11/1

  • ピーク試算は受診者1日42万人 “医師の死”が招く医療崩壊とその防衛策

    ピーク試算は受診者1日42万人 “医師の死”が招く医療崩壊とその防衛策

    AERA

    4/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す