7億円の“不労所得”ゲットも…契約途中で退団したプロ野球「超高コスト助っ人」列伝

プロ野球

2022/02/04 18:00

 今や現役メジャーリーガーの移籍も珍しくなくなったプロ野球だが、メジャーで実績があっても、日本で通用するとは限らない。1年目のシーズン途中で早々と退団帰国する大失敗例もあり、複数年契約を結んでいようものなら、当然その分“授業料”も高くついてしまう。

あわせて読みたい

  • 解雇当日に浅草観光…“平成ダメ助っ人”は誰だ?<セ・リーグ編>

    解雇当日に浅草観光…“平成ダメ助っ人”は誰だ?<セ・リーグ編>

    dot.

    2/19

    中日助っ人は大活躍の直後に「退団」 “優良”だったのに日本を去った外国人選手たち

    中日助っ人は大活躍の直後に「退団」 “優良”だったのに日本を去った外国人選手たち

    dot.

    5/7

  • “OP戦だけ”大活躍だった助っ人列伝 「凄い選手がやって来た!」が一転

    “OP戦だけ”大活躍だった助っ人列伝 「凄い選手がやって来た!」が一転

    dot.

    3/8

    日本野球を罵倒する発言も…“平成ダメ助っ人”は誰だ?<パ・リーグ編>

    日本野球を罵倒する発言も…“平成ダメ助っ人”は誰だ?<パ・リーグ編>

    dot.

    2/18

  • 1軍ではダメでも2軍で“無双” ファームで「えげつない成績」を残した助っ人たち

    1軍ではダメでも2軍で“無双” ファームで「えげつない成績」を残した助っ人たち

    dot.

    5/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す