「戦力外」今季はギリギリ回避も…もう後がない“崖っぷち”の選手たち

内川聖一

2021/12/02 18:00

 プロ野球の日本シリーズも終わり、ストーブリーグ、契約更改も本格化する時期となってきた。戦力外通告期間は11月29日に終了となり、イレギュラーなケースを除いてここから自由契約になることは考えづらいが、何とかチーム残留が決まりながらも、もう後がない状態の選手も少なくない。今回はそんな“崖っぷち”からの再起を目指す選手をピックアップしてみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 今年は“生き残った”けど…来年は確実に後がない「崖っぷち選手」は?

    今年は“生き残った”けど…来年は確実に後がない「崖っぷち選手」は?

    dot.

    12/10

    今年踏ん張らないとクビも… もう後がない“崖っぷち”の選手たち

    今年踏ん張らないとクビも… もう後がない“崖っぷち”の選手たち

    dot.

    1/24

  • 他球団で活躍のケースも…助っ人の“見切り”が早いチームは?逆に我慢強いのは?

    他球団で活躍のケースも…助っ人の“見切り”が早いチームは?逆に我慢強いのは?

    dot.

    2/8

    松坂世代が消える可能性も…今季が正念場の「崖っぷち選手」

    松坂世代が消える可能性も…今季が正念場の「崖っぷち選手」

    dot.

    1/13

  • 最も“新戦力”が充実してるのは? 各チームの補強を査定してみた【セ・リーグ編】

    最も“新戦力”が充実してるのは? 各チームの補強を査定してみた【セ・リーグ編】

    dot.

    1/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す