「戦力外」今季はギリギリ回避も…もう後がない“崖っぷち”の選手たち

内川聖一

2021/12/02 18:00

 プロ野球の日本シリーズも終わり、ストーブリーグ、契約更改も本格化する時期となってきた。戦力外通告期間は11月29日に終了となり、イレギュラーなケースを除いてここから自由契約になることは考えづらいが、何とかチーム残留が決まりながらも、もう後がない状態の選手も少なくない。今回はそんな“崖っぷち”からの再起を目指す選手をピックアップしてみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 過去10年で「戦力外」→「戦力」になった男たち NPBで“選手再生”が際立つチームは

    過去10年で「戦力外」→「戦力」になった男たち NPBで“選手再生”が際立つチームは

    dot.

    8/12

    今年は“生き残った”けど…来年は確実に後がない「崖っぷち選手」は?

    今年は“生き残った”けど…来年は確実に後がない「崖っぷち選手」は?

    dot.

    12/10

  • 今年の「戦力外」は回避したけど、来季は“崖っぷち”で迎える正念場の選手は

    今年の「戦力外」は回避したけど、来季は“崖っぷち”で迎える正念場の選手は

    dot.

    11/5

    今年踏ん張らないとクビも… もう後がない“崖っぷち”の選手たち

    今年踏ん張らないとクビも… もう後がない“崖っぷち”の選手たち

    dot.

    1/24

  • 「戦力外」の危機に陥ってるのは?  今季も“明暗”別れた、プロ野球ベテランたちの戦い

    「戦力外」の危機に陥ってるのは? 今季も“明暗”別れた、プロ野球ベテランたちの戦い

    dot.

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す