政治的な意味合い強い? 巨人、阪神の間で起きた“禁断トレード”の歴史 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

政治的な意味合い強い? 巨人、阪神の間で起きた“禁断トレード”の歴史

久保田龍雄dot.
巨人時代の野村克則 (c)朝日新聞社

巨人時代の野村克則 (c)朝日新聞社

 複数のポジションをこなす27歳の中堅内野手・山本泰寛が昨オフ、巨人から金銭トレードで阪神に移籍。昨季は12球団ワーストのシーズン85失策と“守乱”に泣いた阪神とあって、守備力の高い内野手の加入は、願ったり叶ったりだ。山本自身も「必要としてくれる球団に入ることができてうれしい。ジャイアンツを倒して優勝できるように頑張ります」と今季にかける意気込みを語っている。

【写真】イチローが「本当の天才」と言った男とは?

 このトレードは、昨季1軍出場ゼロに終わった山本に“脱・飼い殺し”の機会を与えるとともに、関西を地盤に活動する妻の毎日放送・辻沙穂里アナウンサーと同居できるよう、原辰徳監督が配慮した結果といわれ、双方の球団にとっても、山本にとっても、良いトレードになったという印象が強い。

 そして、巨人、阪神間のトレードは、2004年1月のカツノリ(阪神→巨人)の金銭トレード以来、約17年ぶり、2リーグ制以降の70年間でも、今回の山本も含めてわずか5例(広澤克実やダレル・メイのように自由契約後の移籍は除く)しか成立していないという珍しさも話題になった。

“伝統の一戦”を売りにする長年のライバル同士とあって、やはり「放出した選手に移籍先で活躍されたら困る」ということがネックになるようだ。

 ちなみに5例中、最初のトレードは79年。あの世間を騒がせた江川卓と小林繁の三角トレードだった。

 前年11月21日、“空白の一日”を利用して浪人中の江川と電撃契約を交わした巨人だったが、この契約は認められず、翌日、巨人が出席をボイコットしたドラフト会議で、4球団競合の末、阪神が江川の交渉権を獲得した。

 だが、巨人を熱望する江川が阪神を拒否し、二浪することをプロ野球界全体の損失と考えた金子鋭コミッショナーは「江川を阪神に入団させたあと、速やかに巨人にトレードするように」と異例の要望を行い、最終的に阪神・江川、巨人・小林の交換トレードが成立した。

 皮肉にも両球団の最初のトレードは、球界の最高権力者の“強い要望”に従った結果だったわけだが、“人身御供”になった小林は同年、巨人戦で無傷の8連勝を記録するなど、男の意地を見せて自己最多の22勝を挙げ、最多勝と沢村賞に輝いた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい