伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

2021/02/12 17:00

 波乱の展開からの大逆転劇となった今年の箱根駅伝。そのレースを彩った4年生たちにとっては最後の箱根路であり、卒業後も競技を続ける者たちに期待したいのは、さらなる飛躍である。昔を振り返ると、瀬古利彦(早稲田大、1980年卒)、谷口浩美(日体大、1983年卒)が「箱根から世界へ」の代表格だったが、それ以降の“箱根のエース”たちの卒業後のランナー人生は、「成否」が大きく分かれる。

あわせて読みたい

  • 箱根駅伝でエースと呼ばれた男たちの「その後」 卒業後も“活躍”できた選手は?

    箱根駅伝でエースと呼ばれた男たちの「その後」 卒業後も“活躍”できた選手は?

    dot.

    1/1

    次世代の日本のエースランナーは… 「大迫傑以降の選手」は育っているのか

    次世代の日本のエースランナーは… 「大迫傑以降の選手」は育っているのか

    dot.

    6/23

  • 箱根駅伝でも“異次元”の走り 東京国際ヴィンセントは史上最強の留学生ランナーだ

    箱根駅伝でも“異次元”の走り 東京国際ヴィンセントは史上最強の留学生ランナーだ

    dot.

    12/3

    箱根路を沸かせた「あの選手」は…「ニューイヤー駅伝2016」はこう楽しめ!

    箱根路を沸かせた「あの選手」は…「ニューイヤー駅伝2016」はこう楽しめ!

    dot.

    1/1

  • 箱根駅伝でカギを握りそうな「伏兵ランナー」たち 新たな“山の神”候補も

    箱根駅伝でカギを握りそうな「伏兵ランナー」たち 新たな“山の神”候補も

    dot.

    11/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す