世界を舞台に戦えるぞ! 海外チームが“触手を伸ばしそうな”若手Jリーガーは?

2020/11/10 17:00

 サッカー日本代表が5日、今月のオーストリア遠征(13日・パナマ代表、18日・メキシコ代表※開催の日付は日本時間)の招集メンバー24人を発表した。先月のオランダ遠征に続いて“オール海外組”となったが、その選考対象となった欧州クラブ所属の日本人プレイヤーの数は年々、増加の一途をたどっている。今冬の移籍市場へ向けても先日、横浜FC所属の19歳FW斉藤光毅の欧州移籍(ベルギー2部ロンメル)が報道されたばかりだが、まだまだJリーグには「未来の海外組」と言える有望な若手が多くいる。

あわせて読みたい

  • Jリーグで今“注目すべき若手”は誰だ! 代表入りも期待したい逸材多し

    Jリーグで今“注目すべき若手”は誰だ! 代表入りも期待したい逸材多し

    dot.

    4/1

    Jリーグの勢力図に変化 「川崎1強」が終わる予感も…“次なる盟主”になるのは?

    Jリーグの勢力図に変化 「川崎1強」が終わる予感も…“次なる盟主”になるのは?

    dot.

    9/16

  • 日本にはDFの「有望株」も多い!  “ネクスト冨安”になれる可能性を秘めるのは?

    日本にはDFの「有望株」も多い! “ネクスト冨安”になれる可能性を秘めるのは?

    dot.

    6/28

    長友、本田をJリーグで見たい! 日本サッカーに今必要なのは海外組の「出戻り」だ

    長友、本田をJリーグで見たい! 日本サッカーに今必要なのは海外組の「出戻り」だ

    dot.

    10/7

  • “大迫の代役”誕生にも期待…「国内組4人」が示すべきJリーグの価値

    “大迫の代役”誕生にも期待…「国内組4人」が示すべきJリーグの価値

    dot.

    9/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す