鈴木誠也の米移籍の備えは? ドラフトで獲るべき選手は…【ヤクルト・広島・DeNA編】 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木誠也の米移籍の備えは? ドラフトで獲るべき選手は…【ヤクルト・広島・DeNA編】

西尾典文dot.
高校生の野手で高い評価を受ける花咲徳栄・井上朋也 (c)朝日新聞社

高校生の野手で高い評価を受ける花咲徳栄・井上朋也 (c)朝日新聞社

【広島】リリーフ陣の整備が最優先。野手は右の強打者タイプを

 昨年リーグ三連覇が途絶えて4位に沈み、今年は更に苦しいチーム状況となっている広島。チーム防御率はヤクルトの次に高いリーグ5位で、特に深刻なのがリリーフ陣だ。シーズン中盤からはフランスアが何とか抑えに定着したものの、三連覇を支えたメンバーが軒並み勤続疲労で戦力とはなっていないだけに、まずはここを整備する必要があるだろう。

 筆頭候補はやはり伊藤大海(苫小牧駒沢大)になる。地方リーグ出身だが、早くから大学日本代表でもプレーしており、大舞台での経験も申し分ない。一年目からクローザー、勝ちパターンのセットアッパーとして期待できる。伊藤を獲得してももう一人は力のある投手を確保しておきたい。2位で残っていれば入江大生(明治大)、2位を野手で使った場合3位で狙える投手としては高田孝一(法政大)などが候補となる。ともに150キロを超える本格派であり、短いイニングであれば球威で圧倒できるのは魅力だ。

 野手では鈴木誠也のメジャー移籍が近い将来あることを想定すると、強打者タイプを指名しておきたい。左打者では林晃汰やルーキーの宇草孔基がいるだけに、できれば右打者を狙いたいところだ。高校生では井上朋也(花咲徳栄)、元謙太(中京)の二人が候補となる。ともに甲子園の大舞台でも活躍しており、長打力は申し分ない。将来を考えて2位でどちらかを指名するというのも悪くない選択だろう。


【DeNA】投手は右の大型本格派が最優先。野手は二遊間の強化を

 シーズン中盤まではAクラスにいたものの、じりじりと順位を落として現在は4位に沈んでいるDeNA。親会社がDeNAとなった2012年からのドラフトを振り返ってみると、上位2位までの16人のうち15人が大学生、社会人の選手であり、それが一定の効果を生んだとは言えるだろう。しかしスケールの大きい高校生を軽視してきた結果、投手、野手ともに明確な大黒柱は不在というチーム状況になっている。野手では宮崎敏郎、佐野恵太とドラフト下位で指名した選手が中心となっているが、これが続くとは考えるべきではなく、ある程度は上位で大物高校生を狙っていきたいところだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい