コロナ禍が「健康禍」に変異 医師が危険視する「健康を監視すべき」という動き

ヘルス

2020/08/02 17:00

 フリーター、出版社勤務、医療系ニュース記者を経て医師になった大脇幸志郎さん。著書『「健康」から生活をまもる』に続き、7月には翻訳書『健康禍 人間的医学の終焉と強制的健康主義の台頭』を出版した。タイトルのとおり、このふたつは「健康第一」の価値観に疑問を呈する本だ。新型コロナウイルス感染症で揺れるいま、なぜこのタイミングで「健康」を疑うのか。その理由を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「健康は義務」という空気に医師が感じる不自由さ 「健康情報はシャットアウトすべき」

    「健康は義務」という空気に医師が感じる不自由さ 「健康情報はシャットアウトすべき」

    dot.

    7/29

    家族とは血縁 戦後根付いた性役割意識

    家族とは血縁 戦後根付いた性役割意識

    AERA

    2/1

  • 老後は医療費で破産する? 横山光昭氏に聞く「健康ファースト」家計術

    老後は医療費で破産する? 横山光昭氏に聞く「健康ファースト」家計術

    dot.

    11/24

    不祥事や倒産も…企業が陥る「不条理」を回避するには

    不祥事や倒産も…企業が陥る「不条理」を回避するには

    週刊朝日

    2/19

  • コロナ禍でひきこもり本人と家族の関係改善も “疑似体験”で共感、「子どもの心情も同じではないか」

    コロナ禍でひきこもり本人と家族の関係改善も “疑似体験”で共感、「子どもの心情も同じではないか」

    AERA

    10/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す