たとえ自分の悪口を言っていたひとでも、困っていたら助けるべき理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

たとえ自分の悪口を言っていたひとでも、困っていたら助けるべき理由

連載「人生は「手」で変わる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林照子さん(撮影/写真部・片山菜緒子)

小林照子さん(撮影/写真部・片山菜緒子)

※写真はイメージです(Gettyimages)

※写真はイメージです(Gettyimages)

 人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子さんの著書『人生は、「手」で変わる』からの本連載。今回は、孤立してしまったひとに率先して声をかけることの大切さについてお伝えします。

*  *  *
 人生の中で一番大切なことは、自分が本当に困っているときに助けてくれたひとを忘れないことです。上り調子のときは、ひとが自分に寄ってくるのは当たり前。困っているときに「大丈夫?」と世話を焼いてくれたひとにこそ、感謝をするべきです。

 私は30歳のときに大きな事故にあいました。夫、妹が大けがをして入院しているとき、義父も病気で入院していたので、3つの病院と会社を毎日行き来していました。そんな私の仕事のサポートをしてくれたひとたちには、いまでも感謝しています。

 ひとによくしてもらったら、やはり自分も、ひとによくすることです。

 かつて、会社で私のことをとても嫌っているひとがいました。管理部門の方だったのですが、私に対して好意的ではないということは私の耳にも入っていました。まあ、40代の頃の私はいまの私からは想像もつかないようなルックスだったので、見た目からして受け付けないという方も多かったのでしょう。自分が提案するメイクや化粧品の宣伝のためとはいえ、アフロヘアに真っ赤な口紅でしたから。

 その方が急に円形脱毛症になったことがありました。上司との相性が悪く、激しいストレスを抱えていらしたのです。でもまわりの人間は誰も声をかけません。彼を見ようともしないのです。頭に視線がいってもいけませんし、何を話したらいいのかもわからないと、皆が言っていました。

 でもこのままでは彼が完全に孤立してしまう。そう思って私はある日、声をかけてみました。

「私も、やったことあるんだ。あんまりストレスをためこまないことよね」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい