メジャーも熱視線? 過去3年最も“価値ある働き”をした選手は…【野手編】

2020/05/18 16:00

 プロ野球の選手を評価する方法は様々なものがあるが、近年定着してきたのが統計学の観点から客観的に数値で評価するセイバーメトリクスだ。そしてセイバーメトリクスの指標の中でも、総合的にその選手の価値を表すために考案されたのがWAR(Wins Above Replacement)である。

あわせて読みたい

  • メジャーも熱視線? 過去3年最も“価値ある働き”をした選手は…【投手編】

    メジャーも熱視線? 過去3年最も“価値ある働き”をした選手は…【投手編】

    dot.

    5/19

    メジャー流の評価指標でみれば、沢村賞の菅野より則本が優れている“事実”

    メジャー流の評価指標でみれば、沢村賞の菅野より則本が優れている“事実”

    dot.

    11/13

  • 東京五輪の「侍ジャパン」、現在のプレーぶりから“ベストの布陣”考えてみた

    東京五輪の「侍ジャパン」、現在のプレーぶりから“ベストの布陣”考えてみた

    dot.

    5/29

    東京五輪の侍ジャパン、「勝てるメンバー」はズバリこれだ!

    東京五輪の侍ジャパン、「勝てるメンバー」はズバリこれだ!

    dot.

    6/4

  • 大砲が少ない二塁手は誰? 各ポジション「最も通算ホームラン数」が多い選手は…

    大砲が少ない二塁手は誰? 各ポジション「最も通算ホームラン数」が多い選手は…

    dot.

    7/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す