メジャーも熱視線? 過去3年最も“価値ある働き”をした選手は…【野手編】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メジャーも熱視線? 過去3年最も“価値ある働き”をした選手は…【野手編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
ここ数年は球界トップクラスの活躍を見せている巨人・丸佳浩 (c)朝日新聞社

ここ数年は球界トップクラスの活躍を見せている巨人・丸佳浩 (c)朝日新聞社

 プロ野球の選手を評価する方法は様々なものがあるが、近年定着してきたのが統計学の観点から客観的に数値で評価するセイバーメトリクスだ。そしてセイバーメトリクスの指標の中でも、総合的にその選手の価値を表すために考案されたのがWAR(Wins Above Replacement)である。

【写真】イチローが「本当の天才」と言った男とは?

 考え方としては、そのポジションの平均的な選手と比べて、どれだけ勝利数を上積みすることができたか、というものであり、プラスであれば平均以上、マイナスであれば平均以下の選手となる。このWARで見たときに現在のプロ野球で最も価値が高いと評価される選手は誰になるのか、過去3年間の数字から探ってみたいと思う。今回は野手編だ。なおデータについては、デルタ社が発表している「1.02 ESSENCE of BAEBALL」のものを参照した。

 まず2017年から2019年シーズンのWAR上位となった野手10名を並べてみたところ以下のような顔ぶれとなった(所属は当時)。

【2017年】
丸佳浩(広島):9.2
秋山翔吾(西武):8.7
柳田悠岐(ソフトバンク):7.1
坂本勇人(巨人):6.6
田中広輔(広島):6.5
西川遥輝(日本ハム):5.8
鈴木誠也(広島):5.5
源田壮亮(西武):5.4
今宮健太(ソフトバンク):5.2
桑原将志(DeNA)5.0

【2018年】
柳田悠岐(ソフトバンク):9.2
山田哲人(ヤクルト):8.2
丸佳浩(広島):7.5
坂本勇人(巨人):7.0
秋山翔吾(西武):6.9
源田壮亮(西武):6.6
浅村栄斗(西武):6.2
平田良介(中日):6.1
西川遥輝(日本ハム):6.0
鈴木誠也(広島):5.6

【2019年】
鈴木誠也(広島):8.6
森友哉(西武):7.8
坂本勇人(巨人):7.2
山田哲人(ヤクルト):6.8
外崎修汰(西武):6.3
浅村栄斗(楽天):5.8
秋山翔吾(西武):5.6
荻野貴司(ロッテ):5.6
吉田正尚(オリックス):5.5
丸佳浩(巨人):5.4


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい