「誠意は言葉ではなく金額…」 年俸交渉で“絶対に譲らなかった”選手たち

2020/01/16 16:00

 プロ野球選手はシーズンオフになると、年俸交渉という、もうひとつの闘いが待っている。できれば満額回答で一発サインといきたいところだが、球団側と折り合いがつかず、揉めるケースも少なくない。過去に契約更改で球団と揉めた選手やその際に飛び出した名言、迷言を集めてみた(※文中の金額はいずれも推定)。

あわせて読みたい

  • 「2億円」が「400万円」に急降下も…球史に残る“大減俸”の憂き目にあった男たち

    「2億円」が「400万円」に急降下も…球史に残る“大減俸”の憂き目にあった男たち

    dot.

    12/5

    ダルビッシュも苦言の年俸問題 “機能不全”の年俸調停をメジャー式にすべし

    ダルビッシュも苦言の年俸問題 “機能不全”の年俸調停をメジャー式にすべし

    dot.

    11/29

  • プロ野球「最も年俸高かった監督は?」 “高給取り指揮官”は結果残したのか

    プロ野球「最も年俸高かった監督は?」 “高給取り指揮官”は結果残したのか

    dot.

    4/2

    巨人には行きません! 球界の盟主を「振った男たち」列伝

    巨人には行きません! 球界の盟主を「振った男たち」列伝

    dot.

    12/14

  • 東尾修「今の選手はうらやましい。でも…」高騰する年俸に苦言
    筆者の顔写真

    東尾修

    東尾修「今の選手はうらやましい。でも…」高騰する年俸に苦言

    週刊朝日

    12/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す