素材は“藤原恭大級” 来季「ドラフト1位」の能力秘める高校生外野手

2019/12/10 16:00

 高校生の野手でドラフト1位となる選手をポジション、タイプ別に見てみると、最も多いのは三拍子揃ったショートになる。過去10年を振り返っても高橋周平(中日)、根尾昂(中日)、小園海斗(広島)が複数球団による1位競合となり、今年のドラフトでも森敬斗(桐蔭学園→DeNA)が単独1位となった。次に多いのがスラッガータイプの内野手。同じく過去10年では清宮幸太郎(日本ハム)、石川昂弥(東邦→中日)が1位競合となり、岡本和真(巨人)も最初の入札で単独1位指名を受けている。

あわせて読みたい

  • 夏の“大ブレイク”に期待! ドラフト上位に「急浮上」もある高校生の逸材は?

    夏の“大ブレイク”に期待! ドラフト上位に「急浮上」もある高校生の逸材は?

    dot.

    6/25

    甲子園で優勝から遠ざかる「公立校」 久々に頂点を狙えそうな学校はどこだ

    甲子園で優勝から遠ざかる「公立校」 久々に頂点を狙えそうな学校はどこだ

    dot.

    5/5

  • 本当に“報道通り”の指名が正解? ドラフトで獲るべき選手は…【阪神・中日・巨人編】

    本当に“報道通り”の指名が正解? ドラフトで獲るべき選手は…【阪神・中日・巨人編】

    dot.

    10/16

    高校野球で近年“プロ輩出”が目立つ学校はどこだ! 大阪桐蔭、横浜に次ぐ勢力は…

    高校野球で近年“プロ輩出”が目立つ学校はどこだ! 大阪桐蔭、横浜に次ぐ勢力は…

    dot.

    3/2

  • そろそろ結果も必要に…中日・根尾昂ら“ミレニアム世代”の現在地と今後の課題

    そろそろ結果も必要に…中日・根尾昂ら“ミレニアム世代”の現在地と今後の課題

    dot.

    9/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す