“野球の上手い芸人”杉谷拳士 「死球」を「笑い」に変えた爆笑エピソード (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“野球の上手い芸人”杉谷拳士 「死球」を「笑い」に変えた爆笑エピソード

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保田龍雄dot.
日本ハムの杉谷拳士 (c)朝日新聞社

日本ハムの杉谷拳士 (c)朝日新聞社

 日本ハムの……と言うより、今やプロ野球界を代表する“いじられキャラ”として人気を博している杉谷拳士が「デッドボールで人を笑顔にする男」として大きな話題を集めたのが、今年7月21日のロッテ戦(札幌ドーム)だった。

 先発・堀瑞輝が初回に7失点と炎上し、2対8と大きくリードされた日本ハムは、6回の攻撃も、2番手・唐川侑己の前に石井一成が三振、宇佐見真吾が三ゴロで、たちまち2死。

 そして、この悪い流れを変えるべく、ベンチの期待を担って登場したのが、代打・杉谷拳士だった。

 5月23日の楽天戦(同)で、球団では2007年のセギノール以来の左右両打席でのシーズン1号&2号を記録し、計4打点を挙げた“意外性の男”は、打席に立った瞬間から、何かをやってくれそうなオーラ(?)を放っていた。

 ところが、ファウルで粘ってでも出塁を期したはずの打席は、たった1球で終わる。唐川の外角低めを狙った初球がワンバウンドで右足スパイクの裏側に当たったのだ。腕や足ならともかく、ふつうなら考えられないような“死角”の部分に当たるとは、これまでにも死球絡みのエピソードの多い杉谷を象徴するような珍死球である。

 日本ハムのベンチでは、大田泰示をはじめ、ナイン一同大爆笑。出塁した杉谷も一塁ベース上で鈴木大地と何やら談笑し、「お前らしいぜ!」とばかりにお尻を叩かれるなど、真剣勝負から打って変わって、ほのぼのムードに。一歩間違えれば、乱闘にも発展しかねない死球という「痛い!」アクシデントも、杉谷にかかれば、“お笑い”に早変わりなのだ。

 この一部始終を、パ・リーグTVが冒頭で紹介したユニークなタイトルで動画公開したところ、1日で再生回数が5万回を突破。杉谷の一挙手一投足はもとより、大田の大笑いシーンや鈴木の“お尻ポン”も、視聴者の間で「いいね!」と大反響を呼んだ。

 そんな杉谷の死球エピソードのルーツは、高校時代にまで遡る。06年夏の甲子園、当時帝京の1年生だった杉谷は、8番ショートとして全試合にフルイニング出場。13打数4安打4打点の成績を残している。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい