失明、いじめ、長男との死別… 壮絶な人生を歩んだ盲目の先生が、いじめに苦しむ子どもたちに伝えたいこと (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

失明、いじめ、長男との死別… 壮絶な人生を歩んだ盲目の先生が、いじめに苦しむ子どもたちに伝えたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内昌彦(たけうち・まさひこ)/1945年生まれ。岡山県出身。幼少期に網膜剥離により失明、全盲となる。東京教育大学(現・筑波大学)盲学校教員養成課程卒業。岡山県立岡山盲学校の元教頭。在職中から「いじめ」や「命の大切さ」をテーマに講演活動を行い、その数は28年間で3000回以上、聴衆はのべ40万人を超える。途上国の視覚障害者の自立支援のため、2011年にモンゴル、2015年にキルギスに盲学校を設立した。それらの盲学校に入学を希望する子どもたちの中には、手術によって視力が改善する子が多くいることに気付き、その手術費を集めるため、2017年にNPO法人「ヒカリカナタ基金」を設立、理事長を務める。その他、社会福祉法人「岡山ライトハウス」理事長、社会福祉法人「岡山県視覚障害者協会」副会長も務めている。福武哲彦教育賞(2009年)、読売福祉文化賞(2012年)、ヤマト福祉財団小倉昌男賞(2016年)、ソロプチミスト日本財団千嘉代子賞(2017年)などを受賞(写真:竹内昌彦さん提供)

竹内昌彦(たけうち・まさひこ)/1945年生まれ。岡山県出身。幼少期に網膜剥離により失明、全盲となる。東京教育大学(現・筑波大学)盲学校教員養成課程卒業。岡山県立岡山盲学校の元教頭。在職中から「いじめ」や「命の大切さ」をテーマに講演活動を行い、その数は28年間で3000回以上、聴衆はのべ40万人を超える。途上国の視覚障害者の自立支援のため、2011年にモンゴル、2015年にキルギスに盲学校を設立した。それらの盲学校に入学を希望する子どもたちの中には、手術によって視力が改善する子が多くいることに気付き、その手術費を集めるため、2017年にNPO法人「ヒカリカナタ基金」を設立、理事長を務める。その他、社会福祉法人「岡山ライトハウス」理事長、社会福祉法人「岡山県視覚障害者協会」副会長も務めている。福武哲彦教育賞(2009年)、読売福祉文化賞(2012年)、ヤマト福祉財団小倉昌男賞(2016年)、ソロプチミスト日本財団千嘉代子賞(2017年)などを受賞(写真:竹内昌彦さん提供)

 今年8月に『その苦しみは続かない―盲目の先生 命の授業―』(朝日新聞出版)を出版した岡山県立岡山盲学校の元教頭、竹内昌彦さん(74歳)は、幼少期に失明し、壮絶ないじめを経験した。その後、最愛の長男との死別もあった。そんな竹内さんは、いじめに苦しむ子どもたちに「どんなことがあっても、死なずに生きてほしい」と説く。その理由とは? 竹内さんが本書で記したメッセージの一端を紹介する。

*  *  *
 いま学校現場の課題の一つは「いじめ対策」である。いじめは昔からあったが、いまのいじめは、昔よりも陰湿だという。

 弱い者を余計に陥れ、さらにいじめるという。それも1対1ではなくて、集団でいじめ、仲間外れにしてしまう。みんなと一緒になってその子をいじめないと、次は自分がいじめられる側になるかもしれないから、気が進まなくてもいじめに加わるようになる。

 いじめられて学校に行けなくなった子ども、いじめが原因で自殺した子どものニュースを聞くことがある。私はそんなとき、自分がいじめられていた頃のことを思い出し、さぞつらかったろう、悔しかったろう、悲しかったろうと慰めてやりたいと思う。

 しかし同時に、腹も立ってくる。

「なんで死ぬやつがあるか」と叫びたくなる。

 子どもたちの前で話す機会があるたびに、私は必ずこう訴えることにしている。

「みんな自分の命を自分ひとりのものと思うとるんじゃないか。それは間違いだぞ。みんなのお父さんとお母さんは、いますぐこの場所で、わが子の身代わりで死ねと言われたら、親はいつでも子どものためなら死ねる。親はそんな思いで、みんなを大きくしているのを知らんのか。

 みんなはその体の中に自分の命とお父さんの命とお母さんの命と、もっと言えばおじいさんとおばあさんの命まで抱えて、いま、大きくなりよんぞ。それなのに自分だけの考えで、勝手に首なんかつって死ぬやつがあるか。みんなが死んでしもうたら、みんなの親は、その後どうやって生きていったらええんなら。夢も希望も生きていく気力もなくしてしまうかもしれんぞ。どんなに悲しむか考えてみろ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい