教育困難校で急増する「外国にルーツを持つ高校生」 生徒が直面するアイデンティティの惑い

教育

2019/07/22 11:30

 日本はすでに多くの外国人が定住し、移民大国であると指摘されることも多い。だが、労働者としての側面ばかりがクローズアップされ、子ども、中でも義務教育ではない高校生について語られることはあまりない。現実には、外国にルーツを持つ生徒の少なくない数が「教育困難校」に通学する。彼らの実態と抱える問題とは。朝日新書『ルポ 教育困難校』より一部掲載する。

あわせて読みたい

  • 15歳以上には公的に日本語を学ぶ場すらない…在日外国人生徒への脆弱な支援体制

    15歳以上には公的に日本語を学ぶ場すらない…在日外国人生徒への脆弱な支援体制

    AERA

    3/6

    国語はすべて「ア」と回答せよと指導も…外国籍生徒、受験に日本語の壁

    国語はすべて「ア」と回答せよと指導も…外国籍生徒、受験に日本語の壁

    AERA

    3/7

  • 「教育困難校」教師を追いつめる職員室の人間関係 女性教員が苦しむ同僚の”使えない”のひと言

    「教育困難校」教師を追いつめる職員室の人間関係 女性教員が苦しむ同僚の”使えない”のひと言

    dot.

    7/23

    8月号教育ジャーナリスト 朝比奈なをAsahina Naoさまざまな困難が集中する「教育困難校」

    8月号教育ジャーナリスト 朝比奈なをAsahina Naoさまざまな困難が集中する「教育困難校」

    8/1

  • 親の孤立が子どもに連鎖 「教育困難校」の生徒が抱える“つながり格差”とは…

    親の孤立が子どもに連鎖 「教育困難校」の生徒が抱える“つながり格差”とは…

    dot.

    7/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す