佐藤二朗「132億光年も離れた銀河!? 宇宙の自由さにひれ伏すしかないのか」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗「132億光年も離れた銀河!? 宇宙の自由さにひれ伏すしかないのか」

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗dot.
佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

※写真はイメージです(写真/getty images)

※写真はイメージです(写真/getty images)

 個性派俳優・佐藤二朗さんが日々の生活や仕事で感じているジローイズムをお届けします。今回は「宇宙」について。

*  *  *
 突然だが宇宙である。なんなの、宇宙って。ホント前々から思ってたんだけど、なんなのよ、宇宙って。自由なの? 宇宙は自由すぎるの? いや、俺も大概自由でありたいと常々思ってはいるけど、宇宙の自由さにはひれ伏すしかないの? いやいや、ちょっ待って。無限って。無限ってなんなの? 無限ってアリなの? いや、無限っつったって、どっかには、そらもう、とんでもなく、人間の感覚では計り知れない、もうホントとんでもなく遠くに行った先には、どっかには、終わりがあるんじゃないの? え? ないの? ガチで無限なの? え何? 今も膨張してるの? いい加減にして宇宙。どういうつもりなの? どうしたいの宇宙。

 だってどんなものにもドンツキがあって、限りがあって、当然その外側がある訳でしょ? それがないってんなら……なんなの? 宇宙。なんなの? 手加減なしなの? 宇宙は手加減知らずなの? 常に全力投球なの? たのきん全力投球なの? あの時の石川秀美さんの美脚が忘れられないの? ちょ、宇宙聞いてるの? どこ向いてるの宇宙。ホントなんなの宇宙。何をどうしていきたいの宇宙。今年の抱負とかないの宇宙。座右の銘とかないの宇宙。人生を変えた一言とかないの宇宙。育児のモットーとかどうしてるの宇宙。日常の些事?なんつうの? ややこしいモロモロ?とは、どう向き合ってるの宇宙。オンとオフの切り替えとかどうしてるの宇宙。ずっとオンなの? あるいはずっとオフなの?

 てか宇宙よ。貴殿はまだ進化するつもりなの? なんというか、永遠に上書き保存なの? イマイチたとえを失敗したの? 宇宙のリフレッシュタイムはいつなの? ずっとリフレッシュなの? つねに新鮮な気持ちでステージに上がってるの? 来て頂いたお客様に最高のパフォーマンスを見せるの? 俺は一体なにを書いてるの? 担当K氏の怒りや哀しみさえ通り越した、力のない微笑が宇宙には見えるの? 俺には見えるよ宇宙。正直、K氏怖いよ宇宙。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい