根尾、藤原、小園… 話題さらった19年“高卒ルーキー野手”の現在地 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

根尾、藤原、小園… 話題さらった19年“高卒ルーキー野手”の現在地

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
プロ1年目の壁に向き合う中日・根尾昂 (c)朝日新聞社

プロ1年目の壁に向き合う中日・根尾昂 (c)朝日新聞社

 昨年のドラフト会議、話題をさらったのは高校生野手だった。小園海斗(報徳学園→広島)と根尾昂(大阪桐蔭→中日)に4球団、藤原恭大(大阪桐蔭→ロッテ)に3球団が競合し、外れでも太田椋(天理→オリックス)が指名され、合計で4人もの高校生野手がドラフト1位でプロ入りしたのだ。

 また2位でも増田陸(明秀日立→巨人)、野村佑希(花咲徳栄→日本ハム)、小幡竜平(延岡学園→阪神)の3人が指名されており、即戦力の投手が高く評価されやすい中でこの数は異例のことである。シーズンも開幕して約2カ月が経過したが、高校生野手のこれまでの成績を振り返りながら、今後誰がいち早くブレイクするかを占ってみたいと思う。

 まず開幕時点で一歩リードしていたのは藤原だ。高卒ルーキーとしてはチーム54年ぶりとなる開幕スタメンを勝ち取り、第4打席ではプロ初ヒットも放ってみせたのだ。しかしその後はバットから快音が消え、4月7日には登録抹消。二軍でも打率は2割台前半にとどまっており、今のところ一軍昇格という声は聞こえてこない。守備範囲の広さと肩の強さは一軍でも遜色ないレベルだが、やはり打撃の確実性はまだまだという印象だ。一軍では6試合19打席で6三振、二軍でも31試合135打席で36三振を喫している。フルスイングが魅力の選手だが、もう少しコンタクト能力を上げていくことが最優先の課題となるだろう。

 藤原以上に苦しんでいるのが小園と根尾だ。小園もオープン戦では2本塁打を放ち開幕一軍入りを果たしたが、試合出場はないまま登録抹消。二軍でも主に1番・ショートを任されているものの、ここまで2割を大きく下回る打率となっている。

 根尾もここまで打率は1割台前半で、約3打席に1回の三振を記録。失策も早くも二桁となり、攻守ともに完全にプロの壁にぶつかっている状況だ。二人とも藤原以上にプロのボールをとらえるのに苦労していると言えるだろう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい