韓国と台湾の「たくあん」とウズベキスタンの「キムチ」の共通点 <下川裕治の旅をせんとや生まれけむ> (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

韓国と台湾の「たくあん」とウズベキスタンの「キムチ」の共通点 <下川裕治の旅をせんとや生まれけむ>

連載「旅をせんとや生まれけむ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

魯肉飯。25元、約90円。昔に比べ、たくあんが小さくなってきたような気もする

魯肉飯。25元、約90円。昔に比べ、たくあんが小さくなってきたような気もする

 どちらにも共通していることがある。たくあんがついてくることだ。その味は、韓国のたくあんに近い。色は黄色。パリッとした歯ごたえも同じだ。これも日本が伝えたものだった。

 本家の日本では、この黄色いたくあんは廃れてしまった。色が消え、人によっては表面がふやけたように漬かっているたくあんを好む。

 漬物は国を離れるとサラダ化して生き延びていく? そう思ったのはウズベキスタンのタシケント。チョルスー・バザール。中央アジアには多くの韓国系の人が住んでいる。彼らがつくるキムチを、中央アジアの人たちは好んで食べる。しかし中央アジアのキムチは、本家のキムチとはかなり違う。ニンジンやキュウリなどの浅漬けで、それを千切りに、和えて食べる。さっぱりとしたサラダ感覚なのだ。

 韓国と台湾のたくあん、そしてウズベキスタンのキムチ。漬物の処世術の所産に映る。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

下川裕治

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい