後悔しない中学受験の秘訣とは? 開成の校長に聞く (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

後悔しない中学受験の秘訣とは? 開成の校長に聞く

このエントリーをはてなブックマークに追加
松島恵利子dot.#教育#朝日新聞出版の本#読書
柳澤幸雄(やなぎさわ・ゆきお)/1947年生まれ。東京大学名誉教授。開成中学校・高等学校校長。開成高等学校、東京大学工学部化学工学科卒業。71年、システムエンジニアとして日本ユニバック(現・日本ユニシス)に入社。74年退社後、東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修士・博士課程修了。ハーバード大学公衆衛生大学院准教授、併任教授(在任中ベストティーチャーに数回選ばれる)、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授を経て2011年より現職。自身も男の子を育て、小学生から大学院生まで教えた経験を持つ(撮影/工藤隆太郎)

柳澤幸雄(やなぎさわ・ゆきお)/1947年生まれ。東京大学名誉教授。開成中学校・高等学校校長。開成高等学校、東京大学工学部化学工学科卒業。71年、システムエンジニアとして日本ユニバック(現・日本ユニシス)に入社。74年退社後、東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修士・博士課程修了。ハーバード大学公衆衛生大学院准教授、併任教授(在任中ベストティーチャーに数回選ばれる)、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授を経て2011年より現職。自身も男の子を育て、小学生から大学院生まで教えた経験を持つ(撮影/工藤隆太郎)

(2)第1志望に行ける子は1割と知る

 中学受験で第1志望に合格する受験生の割合は、保護者のみなさんが思っているよりずっと少なくて、全体の約1割程度です。

 つまり、あとの9割は第2志望、第3志望、あるいは地元の学校に通うのです。はじめから、期待するなというわけではありませんが、第1志望に合格しなかったときの心構えも必要なのです。

 不合格はショックなできごとですが、大切なのは気持ちを切り替えて、実際に通う学校に早く馴染んで自分らしいポジションを見つけること、心地いい居場所をつくることです。いつまでも「第一志望に落ちた」と、ネガティブな気持ちを引きずっているのは、まさに時間の無駄。最も問題なのは親の落胆が子どもに伝わることで、特に一緒に過ごす時間の長いお母さんの失望感は子どもに大きなダメージを与えます。

 だからこそ、「第一志望に合格するのは一割」という現実をわきまえて、たとえ第1志望に合格できなくても、それまでの頑張りを認めてほめる姿勢が親には求められるのです。


(3)合格時の順位と卒業時の順位には相関性がない

「ぎりぎりで合格するなら、ワンランク落として上位を狙ったほうがいい」「補欠入学だと、苦労するかもしれない」。そんな風に考える親御さんがいますが、実は合格時の順位と、卒業時の順位にはあまり相関性がありません。

 ただ、「1年生の学年末の成績は出口を予想するのに非常に重要な情報」であるのは、多くの学校の先生方が言うことです。
つまり、トップで合格した子がずっとトップとは限らないし、繰り上げ合格になった子でも、ぐんぐん成績を伸ばすケースも珍しくないということです。それは、入学してから、新しい環境になじんで自分の居場所を見つけ、学校生活で勉強や部活動などを積極的に楽しめるかどうかに大きく左右されるのです。

 ですから、中学受験の合否の結果について一喜一憂する必要はなく、むしろ、そのあとの対応が重要ということです。

 中学での新生活に限らず、新しい環境に順応する力は、社会人になっても求められるものです。親は子どもを前向きにサポートすることで、この力を養ってあげることができるのです。(取材・構成/松島恵利子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい