佐藤二朗「大好きな晩酌を彩る至極の肴は『朝生』『島耕作』、3つ目は?」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗「大好きな晩酌を彩る至極の肴は『朝生』『島耕作』、3つ目は?」

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗dot.#佐藤二朗
佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

晩酌ライフに重要な肴に何を選ぶか?(※写真はイメージ)

晩酌ライフに重要な肴に何を選ぶか?(※写真はイメージ)

 2つ目は、漫画の「課長 島耕作」。こちらもご存知、弘兼憲史さんの長寿漫画です。最近では、「会長 島耕作」とか「学生 島耕作」などもあり、もはやこうなったら「保育園児 島耕作」とか「後期高齢者 島耕作」とかも作って欲しいくらいですが、僕が晩酌の肴にしてるのは元祖である「課長 島耕作」。主人公がサラリーマンということで、新橋のガード下的な赤提灯、小料理屋、バーやスナック、接待をする時などは料亭も出てきます。中沢喜一が島に説得され社長になる決意をするシーン(僕は漫画史に残る名シーンだと思っています)は新宿のゴールデン街。こういったシーンを読みながら晩酌をすると、もうジャストフィット。もしかしたら、僕の晩酌のために描かれた漫画ではないかという壮大な勘違いをしてしまうほど、晩酌によく合います。

 とまあ、色々書きましたが、朝生にしろ、島耕作にしろ、晩酌の肴の大前提は、僕が「好きなもの」ということだと思います。当たり前といえば当たり前ですが。そして、好きは好きでも「大好き」レベル。ホント、この2作品には足を向けて寝ることができません。

 あ、でも最近は、晩酌の肴に3つ目ができました。それは、小学生に上がったばかりの「息子の話を聞くこと」。なんだよ、最後よさげにまとめたけど、結局呑んだくれの話じゃねぇかと思った、そこのアナタ。反論は……ない。だから討論できないんだってば僕。(文/佐藤二朗)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

佐藤二朗

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける。

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい