不倫を続ける53歳夫の対策を別れさせ屋に依頼する43歳妻がはまった思わぬ落とし穴とは? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不倫を続ける53歳夫の対策を別れさせ屋に依頼する43歳妻がはまった思わぬ落とし穴とは?

連載「男と女の処世術」

このエントリーをはてなブックマークに追加

別れさせ屋を使いたいと話す妻の盲点とは?(※写真はイメージ)

別れさせ屋を使いたいと話す妻の盲点とは?(※写真はイメージ)

 別れさせ屋の行為は公序良俗に反しない――。そんな控訴審判決が話題になった。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「別れさせ屋の落とし穴」をテーマに解説する。

*  *  *
 先日、「別れさせ屋」に関する裁判の判決があったとニュースで報じていました。ニュースによれば、依頼者の男性(Aさん)は、元交際相手(Bさん)とよりを戻すために、Bさんが今付き合っている男性(Cさん)と別れさせるよう別れさせ屋に依頼。別れさせ屋は女性の工作員が、何回か男性Cさんと食事したのちに、BさんとCさんがデートしているところに鉢合わせして、BさんにCさんと何度か食事したことを告げ、二人の関係を破綻させたというものです。

 もちろん、プロの技が色々あるのでしょうけど、こんなに思い通りに事が運ぶのだとしたら、びっくりです。ニュースによれば着手金が80万で成功報酬が40万ということなので、探偵としてもうまくいく確率はそんなに高くないと踏んでいたのかもしれません。

 もっとも、探偵はうまく仕事をしましたが、こんなことがばれてしまった以上、「別れさせ屋を使ってまで私と付き合いたかったのね。私そんなに思われて幸せ。やっぱりあなたしかいないわ」という落ちにはならなかったのではないかとも思います。

 夫婦のトラブルに探偵の話はよくお聞きします。まさに別れさせ屋を使おうか考えている、という方もいらっしゃいました。

 2人の母である登美子さん(仮名、43歳、ITエンジニア)は、夫(53、コンサルタント)の挙動がおかしいことに気づき、問い詰めました。

 最初は否定していた夫ですが、いくつか状況証拠を突きつけると、最後には認めました。そして、「もう会わない」と約束してくれたので、登美子さんも矛を収め、元の生活に戻りました。

 しかし、やはり何かおかしい、と感じ、また夫の身の回りを調べると、まだ関係が続いているようでした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい