巨人vs中日…成績はともに低迷も珍プレーは「Aクラス」【プロ野球B級ニュース事件簿】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人vs中日…成績はともに低迷も珍プレーは「Aクラス」【プロ野球B級ニュース事件簿】

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保田龍雄dot.

中日・ビシエド(左)と巨人・マギー (c)朝日新聞社

中日・ビシエド(左)と巨人・マギー (c)朝日新聞社

 2017年もさまざまな出来事があったプロ野球。華々しいニュースの陰でクスッと笑えるニュースもたくさんあった。「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に2017年シーズンの“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「巨人vs中日珍プレー対決編」である。

*  *  *

 野球のルールは複雑、かつ奥が深い。

 言い換えれば、ルールを熟知し、状況に応じて瞬時にベストの判断、対応ができれば、味方のピンチを救う頭脳プレーも可能になるのだ。

 これを見事に実践したのが、巨人の主将で内野の要の坂本勇人だった。開幕ゲームとなった3月31日の中日戦(東京ドーム)、4対0と巨人リードで迎えた4回表無死一塁で、ビシエドがショート・坂本の頭上に高々と飛球を打ち上げた。

 そのまま捕球して1死一塁と思いきや、坂本はビシエドが一塁に走っていないのを確認すると、ワンバウンドで捕球後、セカンド・中井大介にトスして、6-4-3の併殺を完成させた。

 無死一塁が、あっという間に2死無走者。

「えっ、インフィールドフライじゃないの?」と目を白黒させたファンもいたはずだ。そもそもインフィールドフライは、併殺狙いの故意落球を防止するために設けられたルールではなかったのか?

 ところが、インフィールドフライが成立するのは、無死、または1死一、二塁、もしくは満塁のケースであり、無死一塁は対象外なのだ。

 これは打者走者がきちんと走っていれば、たとえ故意落球があっても併殺は防げるという理由からで、わざわざ怠慢プレーを救済してやるほどルールは甘くはない。アウトと自分で勝手に決めつけて、一塁への走塁を怠ったビシエドが悪いのだ。

 坂本はこの日、2点差に追い上げられた5回には右越え2ランを放ち、攻守にわたる大活躍でチームの開幕白星に貢献。ルールは守るだけではなく、応用するものでもあるということをアピールしたが、一部で「セコイ!」の声が上がったのも事実。

 おそらく、ビシエドもそう思ったはず。それから4カ月後、場所は同じ東京ドームで、巨人ナインが「やられた!」と天を仰ぎたくなるようなビシエドの“逆襲”が待ち受けていた。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加