生田斗真、ファンを驚かせた国際映画祭での英語力 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

生田斗真、ファンを驚かせた国際映画祭での英語力

このエントリーをはてなブックマークに追加
神 素子dot.#教育#朝日新聞出版の本
突然の英語スピーチに対応するためには……(※写真はイメージ)

突然の英語スピーチに対応するためには……(※写真はイメージ)

 マカオ国際映画祭、ベルリン国際映画祭に参加して、流暢な英語を披露した生田斗真さん。世界中の映画ファンに向けて英語でスピーチするために、忙しい俳優業の合間を縫って必死に勉強したという。現在発売中の「AERA English 2017 Autumn & Winter」(朝日新聞出版)から、インタビューの一部を抜粋してお届けする。

【写真】生田斗真×広瀬すず出演映画『先生!』のワンシーン

* * *
「生田斗真さんって英語が得意なんだ!」

 そんな言葉がネット上でささやかれるようになったのは、2016年12月のマカオ国際映画祭直後のこと。舞台あいさつで滑らかな英語を披露し、喝采を浴びたのがきっかけだった。そして17年2月のベルリン国際映画祭でも「この場に招かれて光栄です」と、欧米各国の観客の前で、感謝の言葉をサラリと英語で述べたのだ。

「緊張しましたが、喜んでいただけてうれしかったです」

 この英語力、いつどうやって身につけたのか。

「海外の方と仕事をする機会が年々増えて、『英語の勉強をしなくちゃ!』ってずっと思ってたんです。数年前に、ようやく重い腰を上げて始めました」

 英語の勉強は、忙しい仕事の合間に週2 回程度。数人の英語教師に、1回2時間ほどマンツーマンで指導を受けているという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい