長谷部誠が明かしたドイツでの監督就任という目標とその先 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

長谷部誠が明かしたドイツでの監督就任という目標とその先

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷部誠(はせべ・まこと)/1984年1月18日、静岡県藤枝市出身。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルトに所属するプロサッカー選手。著書『心を整える。』(幻冬舎刊)は、140万部を超えるベストセラー。その印税はすべて東日本大震災の支援のために寄付している。先日の対オーストラリア戦ではキャプテンとしてフル出場。日本を2018W杯へと導いた(Photograph:Masaya Takagi/Styling:Masayuki Sakurai/Hair&Make-up:Miyuki Sato/Coordinate:Hideko Kawachi)

長谷部誠(はせべ・まこと)/1984年1月18日、静岡県藤枝市出身。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルトに所属するプロサッカー選手。著書『心を整える。』(幻冬舎刊)は、140万部を超えるベストセラー。その印税はすべて東日本大震災の支援のために寄付している。先日の対オーストラリア戦ではキャプテンとしてフル出場。日本を2018W杯へと導いた(Photograph:Masaya Takagi/Styling:Masayuki Sakurai/Hair&Make-up:Miyuki Sato/Coordinate:Hideko Kawachi)

(Photograph:Masaya Takagi/Styling:Masayuki Sakurai/Hair&Make-up:Miyuki Sato/Coordinate:Hideko Kawachi)

(Photograph:Masaya Takagi/Styling:Masayuki Sakurai/Hair&Make-up:Miyuki Sato/Coordinate:Hideko Kawachi)

「自分たちの世代は、これだけ長く海外でサッカーをやってきて、サッカーだけでなく、サッカー以外の人間性の部分でも多くを学んできた。それを子どもたちに伝えたいという思いがあったんです」

 月に2、3回は、トレーニングの前に、動画で長谷部がテーマを決めて話をし、それに対して子どもたちがノートに意見や質問を書く。そこにまた長谷部がコメントするというおそろしく手間のかかる作業。関わるすべてをおざなりにできない質(たち)なのだ。そして、こうした活動で学んだことひとつひとつがまた、長谷部誠というリーダーの血肉となっているのである。

 長谷部は、将来、ドイツで監督に就くことを視野においている。

「言葉に問題はあるにせよ、海外で監督をしてみたいという思いはあります。まずはドイツで免許を取りたい。難しいものにチャレンジすることは、自分のなかの楽しみでもあるんです」

 しかし、長谷部は最後にこうも言うのだった。

「監督に本当に向いているかと言われたら、自分でも正直クエッションなんです。トップより中間管理職のほうが自分は生かされる気もするし。これから考えが変わるかもしれないし。でも、海外の人からよく言われるんです。『なんで日本代表は海外の監督なんだ』って。ただ、これからは、海外のチームやワールドカップを経験された方々がJリーグとかの監督になってきているので、日本人が日本代表の監督をやることは多くなるんじゃないかな、と思っています」

 ブンデスリーガ237試合、日本代表105試合。これだけのキャリアを誇り、キャプテンとして常に未来を見つめ、考え抜いてきた長谷部誠。日本代表監督にこれほどふさわしい男はいないと思うのだが。(文・一志治夫)

※アエラスタイルマガジン 36号より抜粋


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい