清宮、中村を超えるか? プロ注目の「2年生スラッガー」、逸材がズラリ!

2017/09/03 16:00

 今年の高校生ドラフト候補は近年稀に見る野手の当たり年と言われている。高校通算本塁打記録を塗り替えた清宮幸太郎(早稲田実)、甲子園一大会最多となる6本塁打を放った中村奨成(広陵)以外にも安田尚憲(履正社)、村上宗隆(九州学院)、増田珠(横浜)など、プロからの注目度の高い強打者は多い。そして夏の地方大会、甲子園を見ると、その流れは途絶えることがないように感じる。そこで今回は、秋以降の新チームで注目の強打者たちにスポットを当てる。

あわせて読みたい

  • 夏の甲子園「ドラフト候補 」高校ナンバーワン外野手にスカウト陣が熱い視線

    夏の甲子園「ドラフト候補 」高校ナンバーワン外野手にスカウト陣が熱い視線

    dot.

    8/6

    【2022年ドラフト候補トップ10 野手編】六大学に“2人の逸材”  高校生の大砲にも注目

    【2022年ドラフト候補トップ10 野手編】六大学に“2人の逸材” 高校生の大砲にも注目

    dot.

    1/4

  • 松坂大輔、松井秀喜、福留孝介…平成の高校野球「ベストナイン」を独自選出【西尾典文】

    松坂大輔、松井秀喜、福留孝介…平成の高校野球「ベストナイン」を独自選出【西尾典文】

    dot.

    1/28

    甲子園で見られない「ドラフト候補」 プロ大注目の剛腕も…

    甲子園で見られない「ドラフト候補」 プロ大注目の剛腕も…

    dot.

    8/2

  • 「センバツ」ベストナインを発表! 甲子園高校野球交流試合開催記念で本誌が選んでみた

    「センバツ」ベストナインを発表! 甲子園高校野球交流試合開催記念で本誌が選んでみた

    週刊朝日

    8/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す