【順位予想】ロッテが台風の目!ソフトバンク、日ハムの牙城を崩せるか? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【順位予想】ロッテが台風の目!ソフトバンク、日ハムの牙城を崩せるか?

dot.sportsdot.
WBCで大活躍のソフトバンク・千賀滉大投手はチームの優勝に貢献できるか? (c)朝日新聞社

WBCで大活躍のソフトバンク・千賀滉大投手はチームの優勝に貢献できるか? (c)朝日新聞社

【4位】オリックス・バファローズ
 昨季最下位からの巻き返しを狙うオリックス。糸井嘉男が阪神に移籍し、その代わりとなるはずだった吉田正尚が昨季に続いて腰痛を発症して離脱。新外国人のロメロが徐々に調子を上げてオープン戦で打率.316と一応の結果を残し、西野真弘、安達了一の1、2番コンビも期待だが、吉田がブレイクしなければ昨季からの攻撃力アップは望めない。ただ、投手陣は金子千尋、西勇輝、ディクソンの3本柱に加えて、新外国人のコークがオープン戦から高い実力を示し、ドラフト1位右腕・山岡泰輔も活躍の予感タップリ。投手王国とも言える先発陣に、平野佳寿にWBC参加のダメージがなければ、しぶとい戦いができるはずだ。

【5位】東北楽天ゴールデンイーグルス
 今季の台風の目として注目される梨田イーグルスであるが、FAで加入した岸孝之がインフルエンザで開幕戦を回避し、塩見貴洋は大幅な調整遅れ。飛躍が期待されていた安樂智大も開幕直前に故障離脱。開幕ダッシュが一つの条件だったが、年明けの段階と比べてトーンダウンは否めない。ただ、ドラフトで獲得した新人投手陣たちへの評価は高く、菅原秀、森原康平、高梨雄平らの新戦力がブルペンに活気をもたらし、イースタン開幕戦で好投したドラフト1位右腕・藤平尚真の早期デビューもあるかも知れない。それでも戦力的には未知数。過去2球団(近鉄、日本ハム)で就任2年目にリーグ優勝へ導いた梨田昌孝監督の“2年目の法則”にあやかりたいところだが……。

【6位】埼玉西武ライオンズ
 辻発彦新監督の下でチーム改革を進める西武。秋山翔吾、炭谷銀仁朗、牧田和久のWBC組に、浅村栄斗、中村剛也、メヒアなど、個々の能力は依然として高いが、今季のカギであった森友哉が骨折で長期離脱し、ガルセス、キャンデラリオ、シュリッターの新外国人投手陣も“いつものように”実力は未知数のまま開幕を迎えることになった。ルーキーの源田壮亮を正遊撃手に抜擢して“守り”に重点を置くのはいいが、それが現在のチームカラーに合致するのかどうか。岸に代わってエースに君臨する菊池雄星に加え、高橋光成、多和田真三郎、本田圭佑らの若手が成長には期待できるが、優勝争いをするにはまだ時間がかかりそうだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい