史上初の海外レース馬券発売! マカヒキが悲願の凱旋門賞制覇に挑む (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

史上初の海外レース馬券発売! マカヒキが悲願の凱旋門賞制覇に挑む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
今年の日本ダービーで優勝したマカヒキ(右)が、日本馬初の凱旋門賞制覇に挑む(JRA提供) (c)朝日新聞

今年の日本ダービーで優勝したマカヒキ(右)が、日本馬初の凱旋門賞制覇に挑む(JRA提供) (c)朝日新聞

 日本時間10月2日(日)午後11時5分に発走予定の凱旋門賞(3歳以上GI、仏シャンティイ芝2400m)から、日本でも海外のビッグレースの馬券が買えるようになる。

 海外競馬馬券発売は基本的に日本の競走馬が参戦する競走のみだが、今回のマカヒキ(牡3歳)を皮切りに11月に米国で行われるブリーダーズカップ(牝馬限定のブリーダーズカップ・フィリーアンドメアターフにヌーヴォレコルトが出走を計画)、同じく11月に豪州で行われるメルボルンカップ(カレンミロティックが遠征予定)、さらに例年日本馬が複数出走する12月の香港国際競走など、矢継ぎ早に「世界の競馬」が日本に近づいてくる。

 JRAでは年間で最大24競走程度の発売を予定しており、馬券は当面、インターネット投票(JRAの「即PAT会員」または「A-PAT会員」になっておく必要がある)のみでの発売となる。これは海外時差による深夜、早朝の発走や日本のフルゲート(18頭)を越えることのある海外の競馬(メルボルンカップなどはフルゲート24頭)に対応するため。競馬場やウインズで馬券を買って「応援馬券」を紙として手元に残しておきたいというファンからの声に応えるには、もう少し時間がかかりそうだ。

 凱旋門賞の場合、発売時間は当日の午前10時から発走時刻の4分前の午後11時1分まで。2日は国内でもG1スプリンターズステークスが行われるので、1日に2つのG1レースが楽しめる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい