これからの医師は“病気を治す”だけではやっていけない? AI時代の医療とは

大学入試

2016/09/11 07:00

 現在、医学部を目指すみなさんが働き盛りの医師になっているのが2035年だ。そのころの医療や医師は、今とは全く異なった姿になっているだろう。今後、医師と人工知能(AI)が協働していく中で、医療システムはどのように変わっていくのだろうか? これからの医療のあり方を、週刊朝日ムック「医学部に入る2017」で探った。

あわせて読みたい

  • 現役医師 「在宅医療はクレームがほとんどない」

    現役医師 「在宅医療はクレームがほとんどない」

    週刊朝日

    3/16

    医師・看護師らが明かす“いい死に方”“悪い死に方”

    医師・看護師らが明かす“いい死に方”“悪い死に方”

    AERA

    11/16

  • いざ「在宅療養生活」何をどこに相談したら? 自治体が始めたサービスとは

    いざ「在宅療養生活」何をどこに相談したら? 自治体が始めたサービスとは

    dot.

    7/20

    在宅療養は月額4万前後、入院よりなぜ安い? 1カ月のリアル負担額を調査

    在宅療養は月額4万前後、入院よりなぜ安い? 1カ月のリアル負担額を調査

    週刊朝日

    10/18

  • 家族がストレスで潰れない! 在宅医療がうまくいく秘訣とは?

    家族がストレスで潰れない! 在宅医療がうまくいく秘訣とは?

    dot.

    1/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す