必見!都心に出現する王朝絵巻 日枝神社 山王祭の祭礼行列 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

必見!都心に出現する王朝絵巻 日枝神社 山王祭の祭礼行列

連載「あなたの知らない神社仏閣の世界」

このエントリーをはてなブックマークに追加
銀座を巡行する御鳳輦(写真提供:日枝神社)

銀座を巡行する御鳳輦(写真提供:日枝神社)

内堀通りを横切る宮神輿

内堀通りを横切る宮神輿

 ゴールデンウイークを過ぎると、日本中で山車(だし)や神輿(みこし)が繰り出すお祭りの季節を迎える。東京でも先月三社祭が行われた。東京には歴史ある大きなお祭りがいくつかあるが「神輿(みこし)深川、山車(だし)神田、だだっ広いが山王さま」と言われてきたように、神田明神の神田祭、日枝神社の山王祭、富岡八幡宮の深川祭は、規模も大きく江戸時代から人気があったようだ。

 この3つのお祭りのうち、山王祭は、神田明神と交代で2年に一度大祭が行われている。かつてはどちらも毎年開催だったのだが、神社も近く氏子も重なる地域もあり、毎年2つの大祭を支えるのが費用的にも大変だったので、1年交代という現在の形になったのだとか。

 2016年は神田明神も富岡八幡も陰祭り(本祭りでない年に行われる小規模なもの。富岡八幡の本祭りは3年に1度)の年にあたるため、神幸祭と呼ばれる大祭が催行されるのは日枝神社だけとなる。日枝神社といえば、猿が神のお遣いとして祭られている社、申(さる)年の2016年は最も注目すべき神社だ。

【2016年の祭礼行列の様子を写真特集で】

●王朝絵巻さながらの300メートルの祭礼行列が都心を巡回

 日枝神社は、太田道灌(室町時代後期の武将)が江戸城の守護として城内に遷座してきた神さまである。江戸時代になり、現在の場所へと移されるが、江戸城の裏鬼門(南西方向)の守護として徳川幕府からも手厚い庇護を受けた。

 そんな日枝神社の山王祭のなかでもひときわ華やかなのが、王朝絵巻さながらの衣装をまとい、神輿や山車と巡幸する神幸祭の行列だ。ことしは本日、6月10日に行われる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい