名コピーを生み出す 「KY」発想のコミュニケーション

2016/02/07 07:00

「僕のコミュニケーション方法と、女子高生たちのそれに、根本的な違いなんて特にないですよ(笑)」。共立女子中学高等学校での特別授業を終え、筆者の質問に頭を掻きながら恥ずかしそうに答えるのは、コピーライターの長谷川哲士さんだ。そうは言うものの、彼のコミュニケーションに対する明快な考え方には学ぶべきものがあった。

あわせて読みたい

  • ヤフーの「東北の復興」が成功した理由 リーダーがみた原因と課題

    ヤフーの「東北の復興」が成功した理由 リーダーがみた原因と課題

    AERA

    10/6

    廃校寸前の島根の高校が打ち出す前代未聞のアイデアとは?

    廃校寸前の島根の高校が打ち出す前代未聞のアイデアとは?

    AERA

    5/31

  • 「AV男優」という職業

    「AV男優」という職業

    4/17

    中学入試で“桃太郎以外”を主役に物語創作 選抜方法に多様化の波

    中学入試で“桃太郎以外”を主役に物語創作 選抜方法に多様化の波

    AERA

    7/17

  • 「SNSで盛った自分」と現実の差に苦悩 デジタル普及で恋愛もビジネスも…

    「SNSで盛った自分」と現実の差に苦悩 デジタル普及で恋愛もビジネスも…

    AERA

    2/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す