「やきとん」はなぜ「やきとり」と呼ばれるのか? ルーツは埼玉にあった!? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「やきとん」はなぜ「やきとり」と呼ばれるのか? ルーツは埼玉にあった!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#グルメ#旅行
意外に知らない「やきとり・焼き鳥・やきとん」の違いとは?

意外に知らない「やきとり・焼き鳥・やきとん」の違いとは?

 発売当初は「やきとん」として売りだしたようだが、どうもしっくりこないとの理由で、すでに定着していた「焼き鳥」にあやかって、平仮名表記の「やきとり」にしたといわれる。

 楽天トラベルが全国47都道府県の人気旅めしを調査した「旅めしランキング」によると、実際に旅した人が選んだ埼玉県で最もおいしかった旅めしで、「やきとん」が堂々の1位に選ばれている。

 ちなみに東松山市の他に全国やきとり7大都市といわれているのは、北海道の美唄市、室蘭市、福島市、愛媛県今治市、山口県長門市、福岡県久留米市。各地ともその素材や調味料などに特徴があり、特に今治は「串に刺す」「あぶる」という定義を全く無視した鉄板焼きスタイルで人気だ。

 関東地方以外ではあまりなじみのなかった豚のカシラの「やきとん」だが、最近では「東京発の食文化」として地方にも広がっているという。ただ焼いたりあぶったりするだけに思える「やきとり」だが、地方ごとの違いを楽しむのも良さそうだ。

【埼玉県・旅めしランキング】
http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/tabimeshi/saitama/


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい