罰金や逮捕も!? ハワイに行く人は要注意 NG行動8連発 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

罰金や逮捕も!? ハワイに行く人は要注意 NG行動8連発

このエントリーをはてなブックマークに追加
つい開放的になりがちな海外旅行。特に楽園と呼ばれるハワイだけに、気を抜いていると逮捕なんてことも……(写真はイメージ)

つい開放的になりがちな海外旅行。特に楽園と呼ばれるハワイだけに、気を抜いていると逮捕なんてことも……(写真はイメージ)

5.レジ袋使用禁止
 すでに施行済みのハワイ島、マウイ島などの島々に続き、オアフ島でもプラスチック製の無料レジ袋の使用が、2015年7月から禁止に。有料で購入できるスーパーもあるが、買い物にはマイバッグ持参の方がいいだろう。

6.12歳以下を一人にしてはいけない
 アメリカには「12歳以下の子どもを一人にしてはいけない」という法律がある。客室やレンタカーの中に子どもを置いて離れるのももちろんNG。場合によっては逮捕されることもあるので注意が必要だ。

7.“J-Walk”禁止。横断歩道を渡るべし
 歩行者が横断歩道のない車道を横断することを「J-Walk」といい、これを行った場合、罰金の対象になるという。必ず横断歩道を渡るようにしよう!

8.露出度が高い服は避けよう
 ビーチが近いため、軽装になりがちなハワイだが、街中を歩くときは注意が必要だ。特に夜のバーやクラブで露出度のい高い服を来ていると、性犯罪に巻き込まれるおそれもあるという。

 こうしてみると、どれもついついやってしまいそうなことばかりだが、守らないと罰金や逮捕ということにもなりかねない。せっかくの楽しいバカンスでイヤな思いをしないためにも、ハワイのルールをきちんと把握して旅行に臨みたい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい