てっとり早く「ごきげん」になりたかったら歌を歌え? (3/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

てっとり早く「ごきげん」になりたかったら歌を歌え?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 考えてみれば、二人でカラオケに行く時点で「ひとりカラオケ予備軍」かもしれない。相手の歌なんて聞いてない。相手が歌っている時に自分が次に歌う歌を探している。

 いずれにしても、みんなごきげんに歌っている。

 ということは、歌っているとてっとり早く「ごきげん」になれるのかもしれない。

 逆にてっとり早く「ごきげん」になりたかったら歌うといいのかもしれない。

 そんな話をストレス関係の講師に言うと、

「そうですよ。僕は、ストレス解消に歌を歌うことを勧めています」

 という話になった。

 実際、わたしも、ストレス解消に妙に歌いに行きたくなる時がある。ありがたいことにSNSなどで、

「歌いに行きたい!」

 と、書き込むと、

「付き合うよ」

 と返してくれる友人もたくさんいる。

 みんなで歌って、踊ってごきげんな時間を過ごすと嫌なことがあっても忘れられる。

 わたしの場合、ユーミンや中森明菜を歌っていると青春時代が蘇ってごきげんになれる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい