二日酔いのシャンパン、風呂であたためた燗酒 作家をめぐる酒の話

朝日新聞出版の本

2014/05/18 16:00

「シャンパンは女性を口説くための酒」と書いたのは、『てんやわんや』『自由学校』などユーモアな語り口で昭和期に活躍した作家・獅子文六。自身の著書『シャンパン講義』の中で大正時代、パリに遊学していたころ、それが少なくとも外国での“規則”だったと語っています。

あわせて読みたい

  • 感染症医が教える「二日酔いの重症度が高いお酒」
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    感染症医が教える「二日酔いの重症度が高いお酒」

    dot.

    9/24

    名画座通いで気になった昭和の流行作家・獅子文六

    名画座通いで気になった昭和の流行作家・獅子文六

    12/9

  • 90歳を前に「酒の道」が見えてきた? 帯津医師のこだわりの飲み方
    筆者の顔写真

    帯津良一

    90歳を前に「酒の道」が見えてきた? 帯津医師のこだわりの飲み方

    週刊朝日

    7/4

    JR両国駅のまぼろしのホームでコタツに入る 日本酒PRの切り札はインスタ映えだった

    JR両国駅のまぼろしのホームでコタツに入る 日本酒PRの切り札はインスタ映えだった

    週刊朝日

    1/19

  • 断酒は無理…酒好き肝臓専門医「1週間の総量規制で楽しんで」

    断酒は無理…酒好き肝臓専門医「1週間の総量規制で楽しんで」

    週刊朝日

    6/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す