メルカリで化粧品の違法出品が横行、問われる運営姿勢

2019/06/18 10:00

 フリマアプリ最大手の「メルカリ」上で、薬機法違反の商品が多数販売されていることが分かった。背景には、6000億円を超えた急拡大を続けるフリマアプリ市場で、増え続ける違法出品者対策に国も企業も追い付けていない現状があるようだ。(ダイヤモンド編集部 相馬留美)

あわせて読みたい

  • 東京五輪チケット争奪戦が終わっても難題 どうなる不正転売対策

    東京五輪チケット争奪戦が終わっても難題 どうなる不正転売対策

    週刊朝日

    5/27

    「売れるものしか買わない」メルカリが生んだ新たな価値観

    「売れるものしか買わない」メルカリが生んだ新たな価値観

    AERA

    9/5

  • コスパだけではない「メルカリコスメ」にハマったきっかけ

    コスパだけではない「メルカリコスメ」にハマったきっかけ

    AERA

    9/8

    メルカリの“いいね禁止”はなぜ? 「謎ローカルルール」を解説

    メルカリの“いいね禁止”はなぜ? 「謎ローカルルール」を解説

    AERA

    9/10

  • メルカリなどフリマアプリの経済効果は1兆円超! 専門家が試算

    メルカリなどフリマアプリの経済効果は1兆円超! 専門家が試算

    AERA

    9/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す