ソフトバンク孫社長「10年続投」のリスクは?

企業

2016/06/27 13:12

 ソフトバンクグループで副社長を務めていたニケシュ・アローラ氏が電撃退任した。アローラ氏は米グーグルの最高事業責任者を経て、2014年にソフトバンクへ入社。主に海外の投資事業をけん引し、今年に入ってからは中国・アリババグループやフィンランド・スーパーセルの株式売却で手腕を発揮していた。孫正義社長の「事実上の後継者」と目されていただけに、株主総会前日に行われた突然の退任発表は市場を騒然とさせた。

あわせて読みたい

  • ソフトバンク・孫社長はなぜ突然「後継者」を捨てたのか

    ソフトバンク・孫社長はなぜ突然「後継者」を捨てたのか

    AERA

    6/28

    「1億円役員」過去最多 株主は損しても役員報酬が増えるワケ

    「1億円役員」過去最多 株主は損しても役員報酬が増えるワケ

    週刊朝日

    7/10

  • 豊田章男×孫正義で何が生まれるのか?サラリーマン経営者の時代の終わりか
    筆者の顔写真

    安井孝之

    豊田章男×孫正義で何が生まれるのか?サラリーマン経営者の時代の終わりか

    dot.

    10/11

    ソフトバンク前副社長が65億円でNo.1 高額報酬は妥当か

    ソフトバンク前副社長が65億円でNo.1 高額報酬は妥当か

    週刊朝日

    7/11

  • ソフトバンク・孫氏、楽天・三木谷氏は意外に「薄給」

    ソフトバンク・孫氏、楽天・三木谷氏は意外に「薄給」

    週刊朝日

    7/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す