中田馨

なかた・かおり/1978年生まれ。兵庫県の認可保育園、中田家庭保育所施設長。一般社団法人離乳食インストラクター協会代表理事。保育士目線の離乳食講座受講生は4年で2000人。自身も中3男子、小5女子の子育て中。

  • 子どもが友達のおもちゃを取ったり乱暴をしたり 2、3歳児のトラブルはどう対応する?

    子どもが友達のおもちゃを取ったり乱暴をしたり 2、3歳児のトラブルはどう対応する?

     2、3歳になると、家族以外の「同じ年頃の友達」に興味を持ち始めます。信頼できる親が見守っているすぐそばで、ほんの少しだけ社会に飛び出そうとする子どもの姿は「よしよし、その調子!」と応援したくなります

    AERA

    7/6

  • 人と目が合わない、表情が乏しい、歌だけは歌える… スマホ育児で赤ちゃんに起きること

    人と目が合わない、表情が乏しい、歌だけは歌える… スマホ育児で赤ちゃんに起きること

     現代人にとってなくてはならない「スマホ」。そのスマホを使って育児をするのが「スマホ育児」です。スマホ育児には2通りのケースがあります。・知育アプリやしつけアプリを利用して、子どもの能力を向上させる意

    AERA

    6/29

  • 赤ちゃんの沐浴は「ガーゼをかけて足から」 初めてでもラクにできるコツ

    赤ちゃんの沐浴は「ガーゼをかけて足から」 初めてでもラクにできるコツ

     赤ちゃんが産まれると、赤ちゃんの生活リズムに合わせてさまざまな「お世話」をします。その中のひとつが「入浴」。パパとママにとって初めての赤ちゃんの場合は特に、服を着ている状態でも抱っこするのがこわごわ

    AERA

    6/22

  • 離乳食は50点でOK 7つの「こころえ」で気楽に進める

    離乳食は50点でOK 7つの「こころえ」で気楽に進める

     生後5、6カ月になるとスタートするのが「離乳食」。多くの方は、これまでの人生の中で意識的に「離乳食」に関わることなく親になった人が大半ではないでしょうか。保育士の私でさえ、離乳食の基本をきちんとは知

    AERA

    6/15

  • 赤ちゃんのあせも対策 この時期おでかけに必須なアイテムは?

    赤ちゃんのあせも対策 この時期おでかけに必須なアイテムは?

     日中は、夏のように暑い日もある季節になってきました。暑い季節になると出てくるトラブルのひとつに「あせも」があります。かゆくて不快な気持ちになってしまうあせも。赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚よりも薄く、汗

    AERA

    6/8

  • イヤイヤ期の子どもを落ち着かせるため、保育士が実践する方法

    イヤイヤ期の子どもを落ち着かせるため、保育士が実践する方法

     子どもが2歳ごろになると訪れるのが「イヤイヤ期」。あれも「イヤ」、これも「イヤ」。そして大泣きする。そんな時、子どもの気持ちを大切にして「その気」になるまで待ったほうがいいのか、無理やり物事を進めて

    AERA

    6/1

  • 質のいい母乳を作るために「和食」より大事なことは?

    質のいい母乳を作るために「和食」より大事なことは?

     赤ちゃんが産まれると「母乳育児をしたい」と思いう人が多いでしょう。母乳育児と聞くと、赤ちゃんの幸せそうな顔、ママの穏やかな微笑み、そんなイメージが浮かびませんか?  でも、実際は幸せなイメージだけで

    AERA

    5/25

  • 赤ちゃんの危険信号は「普段とは違う」 泣き方や抱っこした時の体温をチェック

    赤ちゃんの危険信号は「普段とは違う」 泣き方や抱っこした時の体温をチェック

     赤ちゃんが産まれて元気な顔を見ると、とにかく無事に生まれてくれたことにホッと一安心し、この瞬間から子育てがスタートします。子育てをしていて、心配することの1つが体調不良です。体調不良は大きく分けて2

    AERA

    5/18

  • ずりばいも寝返りも発達はそれぞれ 子育てで大事なのは「比較しない」

    ずりばいも寝返りも発達はそれぞれ 子育てで大事なのは「比較しない」

     赤ちゃんは生まれたての時、「おなかがすいた」「眠たい」「おしっこが出た」など生理的欲求を訴え泣きます。生まれた直後には、よく泣く子、あまり泣かない子という個性はあるものの、目に見えた発達の大きな違い

    AERA

    5/11

  • 親子で心がパンクしないために… 情報過多の現代的子育て「惑わされないため」に大事な4つのこと

    親子で心がパンクしないために… 情報過多の現代的子育て「惑わされないため」に大事な4つのこと

     認可保育園で施設長を務める、現役保育士の中田馨さん。離乳食インストラクター協会代表理事も務める、まさに保育のプロ。自身も2人の子育てをしている中田さんが、最近の子育てで感じることを毎回つづります。*

    AERA

    5/4

1 2 3 4 5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す