矢部万紀子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

矢部万紀子

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子

矢部万紀子

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

  • NEW

    グレイヘアでない原日出子さんの「再デビュー」

    あの人ってば。 dot.

     グレイヘア界に、近藤サトさんが参戦してきた。50歳だそうである。白が基調のまとめ髪に和服を着て、朝日新聞の「ひと」欄にも登場していた。 白髪をグレイヘアと言い換えたのは誰なのか。その人のおかげで昨今のシニア女性界は「グレイヘア特集」の花盛りだ。白髪染めをやめる=白髪を隠さない=ありのままの自分=心...

  • 「まんぷく」の鈴さん、明治生まれの「自分ファースト」ってカッコいいぞ

    あの人ってば。 dot.

     朝ドラ「まんぷく」の今井鈴さんから目が離せない。ヒロイン立花福子の母で、松坂慶子が演じている。 目が離せない理由はいろいろあるのだが、まずは「朝ドラの母」らしからぬ「母」であるところだ。 朝ドラ=正式名称「連続テレビ小説」というNHKの看板番組は、そもそも専業主婦をターゲットに1961年に始まって...

  • 「おじちゃま」と寅さんを呼んだゴクミが帰ってきた

    あの人ってば。 dot.

    「男はつらいよ」が2019年12月に復活するという。「おかえり、寅さん」の制作発表会に後藤久美子さんがいた。1995年、渥美清さんの死の前年に公開されたシリーズ48作「寅次郎紅の花」に出演して以来だから、24年ぶりのスクリーン復帰となる。 後藤さんはそこで、こう言っていた。<ジュネーブの自宅に山田監...

  • 片山さつき地方創生担当相の、襟にバッジを5つ付ける腕力

    あの人ってば。 dot.

     片山さつきさんが大変そうだ。「2人分も3人分もある存在感で女性活躍の旗を揚げてもらいたい」と初入閣、1カ月も経たずに財務省への口利き疑惑が報じられた。報じた週刊文春を名誉毀損で訴え、以後は何を聞かれても「訴訟進行の関係があるので、裁判外での説明は控える」でやり過ごす作戦に出ている。 作戦の成否を語...

  • 松田龍平における「メガネあるなし」に関する一考察

    あの人ってば。 dot.

     ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)が10月10日、始まった。主演は新垣結衣。脚本は野木亜紀子。大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のコンビ。 期待大。見た。おもしろかった。 新垣演じる深海晶は、パワハラ社長が経営するサイト制作会社に勤務。秘書業務&営業と仕事はできるが、身分は「営業ア...