矢部万紀子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

矢部万紀子

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子

矢部万紀子

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

  • NEW

    元憲法改正推進本部長・船田元は、自民党のカナリアではないか

    あの人ってば。 dot.

     船田元という人は、自民党のカナリアなのじゃないだろうか。毒ガスの発生をいち早く検知するため、炭鉱に連れていかれたというカナリア。自民党の中で鳴いているのでは。 そのことに気づいたのは、8月13日だった。 その日、船田さんは自身の公式ウエブサイトの「はじめのマイオピニオン」というコーナーでサマータイ...

  • 剛力彩芽の炎上で綾瀬はるかの「ぶっちゃけなさ」が貴重な夏

    あの人ってば。 dot.

     ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS)を気に入って見ている。こういうタイプの女性を演じる綾瀬はるかが好きなのだ。 どんなタイプかと言えば、感情を抑える人。いまはやりの表現なら、ぶっちゃけない人というところか。 「義母と娘のブルース」(TBSテレビ)で綾瀬は、元キャリアウーマンの亜希子を演じている。...

  • 向井理には「男らしくない男」が似合うわけ

    あの人ってば。 dot.

     向井理主演の時代劇「そろばん侍 風の市兵衛」(NHK)で泣いた。向井のドラマで泣いたのは「ゲゲゲの女房」(NHK)以来だから、8年ぶりだった。 朝ドラが好きで、本欄でも「朝ドラベスト5」を書いた。2010年放送の「ゲゲゲの女房」は、水木しげる役の向井がハンサムな上に優しくユーモラスで大好きだった。...

  • 現役復帰の高橋大輔は「困った系ハンサム」で羽生結弦より上?

    あの人ってば。 dot.

     関ジャニ∞の錦戸亮と高橋大輔は似ている。そう気づいたのが、6月24日の夜だった。2人とも困った系の顔なのだ。ハンサムだけど困っている。そういう顔。高橋がそういう顔だということは前からわかっていたのだが、錦戸もそうだと気づいた。全体に薄い感じの皮膚、頬骨の下がグッと細くなり、へこんだ感じ。それが2人...

  • 佐藤仁美さん祝「anan」グラビア! だけど12キロ痩せて正解だった?

    あの人ってば。 dot.

     佐藤仁美さんは、痩せてよかったのだろうか。 その疑問が頭から離れない。 61.6キロあったのが、3ヶ月で49.4キロに。ライザップで12.2キロ痩せた。身長156センチの、今年39歳になる1人の女性としては、とてもハッピーであろうことは想像に難くない。 ananのグラビアにも出た。6月13日号。特...