大井美紗子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大井美紗子

このエントリーをはてなブックマークに追加
大井美紗子

大井美紗子

大井美紗子(おおい・みさこ)/アメリカ在住ライター。海外書き人クラブ会員。1986年長野県生まれ。大阪大学文学部卒業後、出版社で育児書の編集者を務める。渡米を機に独立し、日経DUALやサライ.jp、ジュニアエラなどでアメリカの生活文化に関する記事を執筆している。2016年に第1子を日本で、19年に第2子をアメリカで出産。ツイッター:@misakohi

  • NEW

    日本のお弁当は手間がかかりすぎ! 簡単ランチでも子は育つアメリカ

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     日本の離乳食はもっと簡単でいいのではないかという話を先週しましたが、同じことが子どものお弁当にも言えるんじゃないかと思っています。 お弁当って、つまりは持ち運びできる食事のことでしょう。胃を満たすため、栄養を摂取するためなら手作りでも市販品でもどちらでもいいはずなのに、なぜか日本では「冷凍食品ばか...

  • 日本の離乳食は細かすぎる! 初期から固形物OKなアメリカの離乳食

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     日本語は、世界でも群を抜いて味覚表現の数が多い言語だそうです。英語の味覚表現は77語、ドイツ語は105語、フランス語は227語なのに対し、日本語は445語もあるそう(独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所/早川文代博士調べ)。それだけ日本人は食を大切にし、情熱を注ぐ国民なのでしょ...

  • 出産内祝いを一掃したい 産後ヘロヘロでお返し送るなんてムリ!

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     今回は「出産内祝い、なくしませんか」という話をしたいのです。 内祝い、つまり出産祝いへのお返しのことです。日本では、産後1~2カ月の間に贈るのが“マナー”で、金額は半返し、つまりいただいた額の2分の1くらいの金額の品物をお返ししましょうといわれます。マナー本には「あまりに安...

  • 一人で寝るのもしつけのうち アメリカの「泣かせっぱなし」寝かしつけ術

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     子どもの世話でいちばん大変なことってなんでしょう。さまざまなアンケート結果がありますが、たいてい上位にランクインしているのは「寝かしつけ」ではないかと思います。マイ育児バイブル、東村アキコ著『ママはテンパリスト』第1巻によると、寝かしつけ、それは「おやすみ前の地獄の行軍」。「2時間も3時間も子守唄...

  • 子連れが電車で「すみません」と謝るのは日本だけ? 頭を下げなくてもいい社会に

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

    「赤ちゃんを連れて東京観光に行く予定。おすすめの場所はある?」と、アメリカの友だちに聞かれました。東京で子連れ移動のしんどさを経験していた私は、おすすめスポットより何より、まず赤ちゃんと一緒に東京を回る行為がアメリカと比べていかに困難かを説明することになりました。「ベビーカーは場所を取るから、抱っこ...