大井美紗子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大井美紗子

このエントリーをはてなブックマークに追加
大井美紗子

大井美紗子

大井美紗子(おおい・みさこ)/アメリカ在住ライター。海外書き人クラブ会員。1986年長野県生まれ。大阪大学文学部卒業後、出版社で育児書の編集者を務める。渡米を機に独立し、日経DUALやサライ.jp、ジュニアエラなどでアメリカの生活文化に関する記事を執筆している。2016年に第1子を日本で、19年に第2子をアメリカで出産。ツイッター:@misakohi

  • NEW

    子ども向け伝記のラインナップから見える「女らしさ」とは? 日本は「愛の天使」、アメリカは「強い先駆者」

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

    「テレビの女性アナウンサーを見ると、その国で理想とされている女性像がわかる」と言われます。すごく大雑把な言い方をしますが、日本の女性アナウンサーは「かわいい系」のかたが多い気がします。甘く優しい顔立ちで、ひざ下スカートにふんわりトップスといういでたち。対してアメリカの女性アナウンサーは「キレイ系」で...

  • 「男の子には成功を」「女の子には幸せを」と暗示をかける?日本の子育て本 アメリカの育児書は逆をいく

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     現在発売中の『AERA with Baby』、特集テーマは「男の子女の子の子育て」です。記事はこんな趣旨で作られています。ちょっと抜粋しますね。『男女平等のこの時代に男女で育て方を変えるなんてナンセンス、そんな声も聞こえそうですが、この特集で伝えたいのは「男の子らしさ」や「女の子らしさ」を押し付け...

  • 日本独自の「母子手帳」 「母」に子育て押し付けていません?

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     日本の子育ては、母子手帳(※注1)からスタートするといっても過言ではありません。一人目の妊娠がわかってからまず行なったのは、市役所へ行って母子手帳をもらうことでした。その手帳を検診のたびに持参して、日々膨らんでいくおなかのサイズやら何やらを記録してもらいます。「妊娠中の経過」の欄が埋まっていくにつ...

  • 台風直撃でも保育園が開く日本 小雨でもすぐに閉まるアメリカ

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     先日9月9日、台風15号が首都圏を直撃しました。多大な被害が今も続いています。お見舞い申し上げます。 暴風で木がなぎ倒され、鉄道が止まるような天候でも「保育園は開いていた」と聞いて、驚いてしまいました。NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹さんのnoteによると、こういう事情があるそうです。『保...

  • 「母子手帳」が電子化されているアメリカ 健診・予防接種は手ぶらでOK

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     先日、日本で母子手帳のアプリ化が話題になっていました。全体的には「完全アプリ化するのも紙だけに頼るのも、どちらもデータが失われる可能性がある。紙と電子、両方で残しておけると安心・便利だよね」という論調だったと思います。 アメリカも、まさに紙・電子の両方で残す状態になっています(『アメリカ』といって...

おすすめの記事おすすめの記事