大井美紗子

大井美紗子(おおい・みさこ)/ライター・翻訳業。1986年長野県生まれ。大阪大学文学部英米文学・英語学専攻卒業後、書籍編集者を経てフリーに。アメリカで約5年暮らし、最近、日本に帰国。娘、息子、夫と東京在住。ツイッター:@misakohi

  • 子どもができた途端「パパ」「ママ」と呼ばれる日本の親 “他者からの視点”で意識させられる自分の立場

    子どもができた途端「パパ」「ママ」と呼ばれる日本の親 “他者からの視点”で意識させられる自分の立場

    「どうしてばあばは、じいじのことを『おとうさん』って呼ぶの?」 5歳の娘をわたしの両親に預けたときのことです。帰ってくるなり、娘が発した質問がこれでした。ばあばにとってじいじは父親ではないのに、どうし

    AERA

    10/5

  • 自分は俺キャラ? 僕キャラ? 一人称が「I」だけの英語と違って日本語では呼び名が外的要素で変わる

    自分は俺キャラ? 僕キャラ? 一人称が「I」だけの英語と違って日本語では呼び名が外的要素で変わる

     万年日本語勉強中のアメリカ人配偶者に、ある日こんな質問をされてしばし考え込んでしまいました。 「Am I ore or boku?」 日本語では男性の一人称は主に「俺」と「僕」の二種類あり、自分を俺

    AERA

    9/21

  • グリルチキンかグリルドチキンか 翻訳者を悩ませる英語のカタカナ表記

    グリルチキンかグリルドチキンか 翻訳者を悩ませる英語のカタカナ表記

     某バンドの新曲名が気になって、眠れない日々が続いています。某、とぼかしたところですぐわかるのではっきり書きますが、WANIMAの「Chopped Grill Chicken」です。読み方は「チョップ

    AERA

    9/7

  • フルーツの「皮」と「種」は英語でなんという? 英語がわかると理科や算数の理解度も高まる!?

    フルーツの「皮」と「種」は英語でなんという? 英語がわかると理科や算数の理解度も高まる!?

     桃がおいしい季節ですね。皆さんは桃の皮ってむいて食べますか、それとも皮ごと食べますか? わたしはむいて食べるものと思って35年間生きてきたんですが、夫は皮なしで食べるなんて桃への冒涜だといいます。夫

    AERA

    8/24

  • “Please”でなんでも要求できるわけではない 新幹線のアナウンスに帰国ママが違和感

    “Please”でなんでも要求できるわけではない 新幹線のアナウンスに帰国ママが違和感

     新幹線の車中、おや、と耳を疑うようなアナウンスが流れてきました。 時節柄、長距離移動はまだ避けたいもの。ただこのときは、やむを得ない事情があり新幹線に乗っていました。約5年間暮らしたアメリカから日本

    12

    AERA

    8/10

  • 英語でお願いするとき必ず付けなければいけない“魔法の言葉”とは? アメリカの子育てで必須のマナー

    英語でお願いするとき必ず付けなければいけない“魔法の言葉”とは? アメリカの子育てで必須のマナー

     子どもって、どうしてあんなに忘れっぽいのでしょう。何回同じことを注意しても、すぐ忘れます。「おしゃべりはやること全部やってから」「8時30分に出るって言ったでしょ」「手が止まってるよ」&hellip

    AERA

    7/27

  • 子どもに「のどかわいた」と言われたら、どう返す? “察する”日本語と“きちんと要求”の英語で真逆のしつけ

    子どもに「のどかわいた」と言われたら、どう返す? “察する”日本語と“きちんと要求”の英語で真逆のしつけ

     もう四半世紀前のことなので正確には覚えていないのですが、私が当時小学生として使っていた国語の教科書に、こんな会話例が載っていました。子「のどかわいた」親「オレンジジュース飲む?」子「氷も入れて」 そ

    AERA

    7/13

  • 「ごはんですよ~!」は英語でなんて言う? りんご・キャンディー・お茶…文化によって意味が変わることば

    「ごはんですよ~!」は英語でなんて言う? りんご・キャンディー・お茶…文化によって意味が変わることば

     娘が3歳ごろのことです。夕飯の支度ができたので、仕事部屋にいる夫を呼んできてほしいと頼みました。「ダディーに、ごはんですよって言ってきてくれる?」お手伝いを任された誇らしさに顔を輝かせながら、娘は仕

    4

    AERA

    6/29

  • 英語のpumpkinは日本語の「カボチャ」ではない ことばはカンペキに翻訳できないもの

    英語のpumpkinは日本語の「カボチャ」ではない ことばはカンペキに翻訳できないもの

     バイリンガル育児をしていると立ちはだかる、「翻訳できないことば問題」。わがやでは、英訳・和訳が難しい単語は日本語・英語のまま使うため、普段の会話は二言語のミックスになっていると前回お話ししました。 

    AERA

    6/15

  • 「すみません」連発の日本の子育てに疑問 よちよち歩きの子どもが道をまっすぐ歩けるだけで奇跡

    「すみません」連発の日本の子育てに疑問 よちよち歩きの子どもが道をまっすぐ歩けるだけで奇跡

    「マミー、なんで日本ではいつも謝っているの?」 子どもは時として、親よりもずっと注意深く物事を観察しています。4歳の娘と1歳の息子をふたり乗りベビーカーに乗せ、東京の狭いスーパーマーケット内を歩いてい

    AERA

    5/11

1 2 3 4 5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す