大井美紗子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大井美紗子

大井美紗子

大井美紗子

大井美紗子(おおい・みさこ)/アメリカで6年暮らし、最近、日本に帰国。海外書き人クラブ会員。1986年長野県生まれ。大阪大学文学部卒業後、出版社で育児書の編集者を務める。渡米を機に独立し、日経DUALやサライ.jp、ジュニアエラなどでアメリカの生活文化に関する記事を執筆している。2016年に第1子を日本で、19年に第2子をアメリカで出産。ツイッター:@misakohi

  • NEW

    全然スマホ依存じゃない! 日本の子どものスクリーン視聴時間はアメリカの2分の1ほど

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

    「スマホ育児」という言葉を聞いて、皆さんはどんなイメージを抱きますか。この文明の利器により、私たちはさまざまな情報サイト、アプリ、学習教材にアクセスできるようになりました。愛するわが子のベストショット、ベスト動画、初めてしゃべったことばや歩いた日付などもすべてスマホに保存されていて、今やスマホなしで...

  • 日本より断然ラクなアメリカの入園・入学準備 秘密はお道具のシェア

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     日差しがすっかり春めいてきた今日この頃。もうすぐ子どもの入園・入学日がやってきますね。子どもたちが期待と不安に胸をふくらませる横で、親は「それより入園準備どうしよう!」と焦っていたりして。少なくともわがやはそうです。 今年、わたしの娘は年長さん。しかし日本での入園準備は初めてです。去年まで暮らして...

  • 一度決めたことは訂正しない! アメリカの育児現場で重視される「一貫性」とは

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     子どもとしばらく公園で遊んで、帰る時間が来たとしましょう。親は「帰るよ」と声をかけますが、子どもは「イヤだ~」「帰りたくない~」「まだ遊びたい~」と駄々をこねます。子育てをしていると、毎日のように発生するトラブルではないでしょうか。こんなとき、皆さんだったらどうしますか? 日本のお父さんお母さんを...

  • おむつのゴミはどこに捨てるの? 公共スペースにゴミ箱が少ない日本

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     日本を訪れる人がびっくりすることって何でしょう。品数豊富なコンビニ? コロナ禍でもほぼ満員の電車? 海外在住者を圧倒させる日本文化は数限りなくありますが、そのうちのひとつが「ゴミ箱の少なさ」だと思います。 公共の場に、とにかくゴミ箱がない。缶とペットボトル用のゴミ箱はあっても、燃えるゴミ用の箱はな...

  • アメリカの大学教授直伝! 子どもを伸ばす5つの「戦略的ほめ方」と日本人が苦手な「日常的ほめ方」

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

    「子どもをほめよう」とはいうものの、どうほめたらいいかわからない。そう感じている親御さん、多いんじゃないでしょうか。 2児の母であるライターの私自身もそのひとりです。というのも、前回ご紹介したようにこの世には「逆効果なほめ方」も存在するからです。おさらいすると、【逆効果なほめ方】1、時間がたってから...

おすすめの記事おすすめの記事