ビジネス

河野太郎首相誕生で爆買い? 「投資家」が注目する総裁選

河野太郎首相誕生で爆買い? 「投資家」が注目する総裁選

 自民党の新総裁の誕生で株価はどう動くのか。新しい経済政策への期待が外国人投資家を中心に高まっているという。国内中堅証券会社で長年にわたって調査を担当するA氏、外資系証券会社で、海外機関投資家の注文を

2

週刊朝日

9/22

  • 総裁選後の注目株は? 11月に3万6千円超、“脱菅”で携帯キャリア買い戻しか

     新たな総理大臣の誕生に世界中の投資家が注目している。特に外国人投資家は河野太郎行革担当相に期待しているが、自民党総裁選で株価はどうなるのか。緊急座談会を実施した。参加してくれたのは、国内中堅証券会社

    週刊朝日

    9/22

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「コロナ禍で再確認する『現場こそ大事』」

    「コンビニ百里の道をゆく」は、52歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  *「(社長が)現場を回っていると聞いてはいたけど

    AERA

    9/20

  • 「続く株高、いっぺんに投資」は危険!プロが教える今必要な投資スタンス

     株式市場が好調だ。米国市場は史上最高値を更新し、日経平均株価も新政権による経済対策への期待などから3万円台を付けるなど30年ぶりの高値水準にある。 一方、コロナ下での株高をもたらしてきた米国連邦準備

    dot.

    9/18

  • ギンビス「たべっ子どうぶつ」が若者の間で大ブーム、その理由とは

     誕生から43年の間、多くの親子が親しんできたギンビスの知育ビスケット「たべっ子どうぶつ」。中高年にとっては“懐かしのお菓子”だが、実は今、パッケージを飾るどうぶつた

    1

    ダイヤモンド・オンライン

    9/14

  • 初代バチェラーを苦しめた「30人の壁」 新事業で「順調に赤字を掘ってます」

     かつての起業家が「意思ある投資家」として、次世代の起業家を育てる。そんな循環の中心にいる人々に迫る短期集中連載。第1シリーズの第4回は、家具や家電を定額で貸し出す「CLAS」代表取締役で、「初代バチ

    AERA

    9/14

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「中国で出店を加速し、次世代型のサービスに挑む」

    「コンビニ百里の道をゆく」は、52歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 中国本土における日系コンビニエンスストアの中

    AERA

    9/13

この人と一緒に考える

  • サントリー新浪社長の45歳定年制発言に賛否両論の声「ローン返済や氷河期世代の苦労を知って」

     サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、「45歳定年制」の導入を提言して大きな波紋を呼んでいる。 報道によると、新浪社長は9日の記者会見で、「(定年を)45歳にすれば、30代、20代がみんな勉強

    36

    dot.

    9/13

  • 事業は赤字、組織も瓦解寸前に… 初代バチェラー、ほど遠い「成功者」の実像

     かつての起業家が「意思ある投資家」として、次世代の起業家を育てる。そんな循環の中心にいる人々に迫る短期集中連載。第1シリーズの第4回は、家具や家電を定額で貸し出す「CLAS(クラス)」代表取締役で、

    AERA

    9/13

  • すき家、王将、マツキヨ…「株主優待」9月に抑えたい銘柄とは!

     初心者からベテランまで幅広い個人投資家に人気の株主優待。9月は一年で2番目に優待銘柄が多い。一方、コロナ禍で優待制度に大きな変化も訪れている。アナリストや人気ブロガーに、これから仕込みたい9月の注目

    1

    週刊朝日

    9/13

  • 初代バチェラー・久保裕丈、薄暗い倉庫で地道に作業…新ビジネスは儲け薄?

     かつての起業家が「意思ある投資家」として、次世代の起業家を育てる。そんな循環の中心にいる人々に迫る短期集中連載。第1シリーズの第4回は、家具や家電を定額で貸し出す「CLAS(クラス)」代表取締役で、

    1

    AERA

    9/12

  • 地球最初の生命は約40億年前に深海の「熱水噴出孔」で生まれた!

     深海の海底から最高で400度にも なる熱い水が噴き出しているところがある。ここは「熱水噴出孔」といい、「地球最初の生命(生物)」が誕生 したところとも考えられている。最初の生命は、深海の底で、どのよ

    AERA

    9/12

  • 冒険しながら地方創生 偉人や伝説をちりばめた“ご当地RPG”の意外な実力

     地元の魅力を、若い人たちにこそ知ってほしい──。地方創生を意図したゲームが静かな広がりを見せている。課題はあるが、情熱と可能性は大きい。AERA2021年9月6日号の記事から。*  *  * 主人公

    AERA

    9/7

この人と一緒に考える

  • 仕事と恋愛は両立するのか 天才経営者イーロン・マスクの恋愛歴

     世界で最も注目を集め、破壊的な技術革新を続ける電気自動車企業「テスラ」と宇宙ロケット企業「スペースX」のCEOイーロン・マスクは、過去2人の女性と3度結婚し、いまは3番目の女性グライムスとの間で男の

    dot.

    9/6

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「パラリンピックに感動。目指すべきD&Iがある」

    「コンビニ百里の道をゆく」は、52歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 9月5日、東京パラリンピックが閉幕しました。

    AERA

    9/6

  • 「安い=正義」が「ステルス値上げ」を生む? 企業側の心理は

     最近、心なしか食料品や生活用品の内容量が減った気がする……そんな違和感を覚えた経験はないだろうか。値段が変わらないのに中身が減った商品に対し、「ステルス値上げだ」との批判

    週刊朝日

    9/1

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「日本経済没落、再生のカギはローカル企業の活性化だ」

     ジャーナリストの田原総一朗氏はローカル企業が日本を救う要になる理由を解説する。*  *  * 現在、日本経済の衰退が大問題になっている。 1995年から2019年までの、およそ四半世紀の中国の経済成

    週刊朝日

    9/1

  • 富裕層が絵画やワインに投資するのは「資産総額を減らしたくないから」 お金持ちが損をしない仕組みとは?

     日本だけでなく、中国や欧米の富裕層が、絵画やワインなどを数多く購入していることはよく知られています。 自分の美術的感性に合う絵画を手に入れ鑑賞する、あるいは思い入れのある年のワインを買って記念日など

    dot.

    8/31

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「ナチュラルローソンが切り開いた『美と健康』」

    「コンビニ百里の道をゆく」は、52歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 首都圏で展開している「ナチュラルローソン」が

    1

    AERA

    8/30

1 2 3 4 5

カテゴリから探す