ビジネス

あなたは何タイプ?「副業」で稼げる人、続かない人の違いは“性格”で決まる

あなたは何タイプ?「副業」で稼げる人、続かない人の違いは“性格”で決まる

 給料は上がらないのに物価は上がり続ける日本。このままでは……という不安から、副業に取り組む人が大きく増えている。だが、せっかく副業を始めても続かないという人も少なくない。

dot.

6/28

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「無印良品の世界観をコンビニで」

    「コンビニ百里の道をゆく」は、52歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * このところローソンに「あのブランド」が並んで

    AERA

    6/27

  • 円安はどこまで進むのか 専門家が夏場までに“140円程度”、秋以降は“円高”と予想するワケ

      円安が止まらない。対ドル円相場は6月22日に136円台をつけ、20数年ぶりの円安水準となった。円安は輸入品の価格を押し上げるため、生活に大きな影響を与えている。円安はどこまで進むのだろうか。 今年

    週刊朝日

    6/27

  • 「中学入試」で90秒の動画提出? 日本語版スタートから15年「YouTube」が与えた変革

     動物園のゾウの檻の前でカメラに向かって、男性が話しかける。“Me at the zoo”というタイトルの、わずか19秒の動画。YouTubeにアップされたいちばん最初の動画だ

    AERA

    6/26

  • S&P500や先進国株式のETF分配金「今は安くても良い」理由とは?

     東証ETFと海外ETFでは値動きやリターンが違う、いわゆる「価格ズレ」があるって本当? ETFの分配金が「今は」安くていい理由って何? 運用会社がまっすぐ回答。 東証ETFと海外ETFのスペックを比

    AERA

    6/22

  • 「1ドル150円もあり得ない話ではない」と専門家 伝統的な日本食回帰で生活も「円安シフト」を

     円安が止まらない。6月15日には1ドル135円台半ばまで下落し、実に24年ぶりの水準になった。円安はどこまで進むのか。AERA 2022年6月27日号の記事を紹介する。*  *  * 京都府のスクー

    AERA

    6/22

  • 浜矩子

    浜矩子

    浜矩子「唯一流れに逆らう超低金利国の日本 第2のプラザ合意は望めない」

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 米連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利を引き

    AERA

    6/21

この人と一緒に考える

  • 「メタバース」って何だ? 「年齢」「性別」から解放された別世界

     昨今、にわかに聞こえてくるようになった「メタバース」という言葉。インターネット上の仮想空間では、すでにもう一つの「社会」が生まれつつある。市役所での手続きやお墓参りなど、私たちの日常も仮想空間上に移

    週刊朝日

    6/21

  • 止まらない円安の原因は「日米の金利差」 円よりドルを預けた方が得

     円安に歯止めがかからない。6月15日には1ドル135円台半ばまで下落し、実に24年ぶりの水準になった。なぜ円安が急速に進んでいるのか。AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。*  *  

    AERA

    6/21

  • 日本低迷の元凶「思考停止社会」を変える、日本人の強靭な強みとは

    「どの部署で仕事をするか、勤務地をどこにするか」は、場合によっては自分の人生を決定づけてしまうような重大事項です。しかし日本では、それらが自分の意向とは無関係に他の人の判断で決まることが当たり前のよう

    dot.

    6/21

  • eMAXIS Slim徹底検証! 投信を毎月1万円×20年積み立てたらいくらになるか

     毎月1万円を預金でつみたてたら、1年間で12万円、10年で120万円、20年で240万円。メガバンクの定期預金(0.002%)に預け続けても、もらえる金利は20年で1000円以下だ。これが投資信託だ

    AERA

    6/19

  • 最大4%還元も! 投資信託のクレジットカード積立、最高値なのは?

     投資信託をつみたてるならポイント還元があるクレジットカード決済で行うのがお得。各社のサービス競争がヒートアップしているが、その現状と「裏話」を調査した。*  *  * 投資信託(以下、投信)のつみた

    AERA

    6/18

  • 分配金がもらえる「東証ETF」ベスト10、低コスト投信と中身は同じ!

     東証に上場する日本籍のETFからS&P500、全世界株式(MSCI ACWI)、先進国株式(MSCIコクサイ・インデックス)を指標とするものを調査し、そのうち10本を掲載。価格は2022年4月18日

    AERA

    6/15

この話題を考える

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「在宅勤務のオンとオフは、空気を変えればうまくいく」

    「コンビニ百里の道をゆく」は、52歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 長いコロナ禍で、働く方々にとって「リモートワ

    AERA

    6/13

  • 投資信託の「取り崩し」の基本、知ってる? 60歳以降の売り方指南

    「老後に投資なんて危ない。銀行預金に移すべき」という常識からすれば一括売却。「人生100年、老後といっても40年ある」という新常識なら分割だが、答えは。 *  *  * 現役時代に増やした資

    AERA

    6/12

  • なぜ億り人は投資信託ではなく「ETF」を買うのか? FIRE達成おけいどんが明かす

     いわゆる「FIRE(経済的自立と早期退職)」を達成した人が必ずといっていいほど保有している金融商品がETF(上場投資信託)。通常の投資信託との違いは? また、一口にETFと言っても、日本市場に上場す

    AERA

    6/11

  • なぜ「失われた30年」に決別し、賃上げ実現できない? 要因は日本企業の特徴にあり

     2022年3月期決算で最高益を更新した上場企業は3割に上った。「失われた30年」から抜け出せるかと思ったら、ウクライナ情勢などで先行きには暗雲が漂う。日本企業が賃上げを実現するには何が必要なのか。A

    AERA

    6/10

  • 企業決算最高益も30年増えぬ賃金 「身の丈経営」再びで今後も賃上げは期待薄か

     企業決算は4年ぶりの最高益。「失われた30年」から抜け出せるかと思ったら、ウクライナ情勢などで先行きには暗雲が漂う。いつまで賃上げのない生活を強いられるのだろうか。 AERA 2022年6月13日号

    AERA

    6/9

  • 「人間の脳は資産運用に向いていません」 ウェルスナビの“頭脳”が語る投資の真実

     通称「ロボアド」。コンピューターが膨大なデータを解析し、最適な資産配分の組み合わせを提案するロボアドバイザーは、つみたて運用の味方だ。ロボアドでは日本最大の預かり残高を誇るウェルスナビの執行役員で、

    AERA

    6/8

1 2 3 4 5

カテゴリから探す