岸田文雄首相と面会し、新型コロナ感染症対策の要望書を渡す東京都の小池百合子知事
岸田文雄首相と面会し、新型コロナ感染症対策の要望書を渡す東京都の小池百合子知事

 予算案も通り、岸田文雄首相の当面の課題といえば、コロナ対策と夏の参院選。とはいえ、重きを置いているのは参院選か。主要幹部との会食では、日夜、作戦会議が開かれているのだろうか。国民民主党との関係にも注目が集まるなか、すでに駆け引きが繰り広げられている。

国民民主党との「蜜月」ぶりを見せる岸田首相

「コロナの新規感染者数が地方で増え始めたが、会食もお構いなしだ」

 そう不安げに語るのは官邸関係者。3月21日でまん延防止等重点措置が全面解除され、待ってましたとばかりに動き出したのが岸田文雄首相だ。措置は解除になったが、新規感染者数が増える兆しもみられる。

だが、「首相動静」を見ると、措置解除後は夜の会合が増えている。経済界との会食もあるが、4月4日は日本料理店で自民党の関口昌一参院議員会長、世耕弘成参院幹事長、岡田直樹参院国対委員長と会食。

4月1日には、昨年の総裁選で「二階外し」を公言し、その役から外れた二階俊博元幹事長や林幹雄前幹事長代理、山口壮環境相、根本匠衆院予算委員長、木原誠二官房副長官と食事。「予算が成立し、頭の中はすっかり参院選モード。それが会食のメンバーにも表れている」と岸田派の国会議員。

一時は連立与党の公明党と「相互推薦」で意見が合わず、非主流派の菅義偉前首相、二階俊博元幹事長のルートで、なんとか軟着陸させたが、まだまだ安心できない情勢だ。

 自民党の閣僚経験者はこんな見方をする。

「岸田首相の動きを見ていると、最も恐れているのは、今の野党よりも(東京都の)小池百合子知事ではないのか」

 参院選では、小池都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」を母体とする国政政党「ファーストの会」が、東京都議の荒木千陽・都民ファースト代表の東京選挙区への擁立を決めている。

そして、両党は国民民主党と相互推薦の覚書を交わし、国民民主党は東京選挙区で荒木氏を推薦、ファーストの会側は比例区に立候補予定の4人の候補者を推薦することになった。

次のページ
「小池知事待望論が聞こえ始めてきた」