東京大学 (c)朝日新聞社
東京大学 (c)朝日新聞社
この記事の写真をすべて見る

 東京大学新聞社は各学部・研究科への問い合わせを基に、2020年度卒業・修了者の就職状況を集計した。民間企業は、学部卒業者は楽天、大学院修了者はソニーがそれぞれ首位に。中央省庁への就職は、学部卒業者が財務省と総務省が同率1位。大学院修了者最多は経済産業省だった。(東大新聞オンラインより転載)

【ランキング】東大生の就職先企業・官庁の上位はコチラ<全6ページ>

*  *  *

■学部生:三菱商事、野村証券なども順位を上げる

 19人で学部卒業者の就職先企業トップに立った楽天は、前年度・2018年度にそれぞれ9位(11人)・10位(9人)だったところからの躍進が目立つ。2位は三菱商事で16人。こちらも前年度13人で6位だったところから順位を上げた。

 14人で同率4位だったのがデロイトトーマツコンサルティングとマッキンゼー・アンド・カンパニー。前年度はそれぞれ10位と15位だった。同じコンサルティング企業でも、前年度3位だったPwCコンサルティングは8位、4位だったアクセンチュアは10位と順位を下げた。前年度は上位20位に名前のなかったクニエは9人で13位に入るなど、コンサルティング企業の人気ぶりと顔触れの入れ替わりの激しさが依然としてうかがえる。

 前年度はトップに立っていた三井住友銀行とともに13人で6位だった野村証券は、前年度トップ20圏外、18年度は8人で11位などとなっていたところから順位を上げた。19位のみずほ証券も前年度は20位以内に入っておらず、大和証券も15位から12位へと上昇したが、前年度11位のSMBC日興証券は姿を消している。

 官公庁の首位は財務省と総務省でともに15人。総務省は前年度に引き続いてのトップだが、財務省は8人で6位だったところから人数を2倍近く増やした形だ。同率3位の外務省と経済産業省は、前年度も10人で同率2位だった。

■院生:アマゾンウェブサービスジャパンとアマゾンジャパンが急浮上

 大学院修了者では、前年度に引き続きソニーが1位。2位のアクセンチュアは2017年度、3位の日立製作所は18年度のトップだ。同じ電気機器ではパナソニックが前年度トップ20圏外から12位、キーエンスとキオクシアも圏外から15位と順位を上げた一方で、富士通は4位から10位、日本IBMは5位から15位、NECは13位から圏外へと下降するなど差が出た。

暮らしとモノ班 for promotion
顔周りの汗にも!メイク崩れも防ぐ クリップ扇風機Amazon売れ筋ランキング
次のページ