派手なデコレーショントラックに乗ってアリーナの外周を回りながら熱気あふれる歌とダンスを届けた(撮影/写真映像部・東川哲也)
この記事の写真をすべて見る

 SixTONESが初の4大ドームツアー「VVS(バイブス)」を完遂した。360度ステージと生バンドが導入され、迫力と一体感が増大したファイナル公演をレポートする。AERA2024年5月20日号より。

【写真】SixTONESのドームツアーの写真はこちら

フォトギャラリーで全ての写真を見る

*  *  *

 東京ドームの中央に観客が360度囲む六角形のメインステージを設置。そこから花道が6方向に伸びるその先に高々と上がったクレーン“ロックレーン”(メンバー命名)からジェシー、京本大我、松村北斗、高地優吾、森本慎太郎、田中樹が登場。ファンキーなサウンドにキレの良いラップとオーディエンスとのコール&レスポンスを乗せた「アンセム」からライブを始めたSixTONESらしい大胆なオープニングだ。

冒頭からキャラ全開

 ジェシーが「東京、声出していこうぜ!」と叫び、「Rollin’」に突入。勢いよく噴水が上がる花道を歩き、気合漲る表情でメインステージに向かう6人。田中はマイクを高々と上げ、オーディエンスの声を集めた。高地はバンドに近づいてヘッドバンギング。一体感のあるダンスで魅せた「Outrageous」を経て、ステージから勢いよく炎が上がった「ABARERO -Dark Electro Rock Remix-」へ。パワフルなバンドサウンドが相まって無尽蔵に盛り上がった。

 冒頭の自己紹介から6人のキャラクターは全開だった。ジェシーは「東京ドーム! ストレス発散しに来たんだろ? 右向き、左向き、ムッキムキ」と駄洒落を口にしながらポーズ。京本は「SixTONESと音楽でぶつかり合う準備はできてんのか?」と挑発した。松村は猛々しく「いらっしゃいませ!」と叫んだ後、「6人いるので俺のターンだけ力抜いていいです。小さくてもいいから声出してください」と慎ましい発言。森本は「乗り遅れたら一瞬で置いていかれるよ!」と声を上げ、高地は「SixTONESがバンドを連れてきたぞ! 360度死角なし! SixTONESの音楽の魂を受け取ってくれ!」と叫んだ。田中の「360度上から下まで気を抜くなよ!」というシャウトの後、6人は一旦ステージ裏にはけ、ゴージャスなスーツ姿に着替えてセクシーな魅力満開の「Hysteria-Rock Rearrange-」をパフォーマンス。悲鳴のような歓声が上がる中、艶めかしく絡み合った。

暮らしとモノ班 for promotion
いつもAmazonで買っている水やドリンクがもっとお得に!「飲料サマーセール」開催中
次のページ