大谷に寄り添う水原一平・元通訳(左から2人目)

 新天地ロサンゼルスで好調なデビューを果たした大谷翔平だが、そのお祭りムードをかき消してしまうほどのインパクトがあったのが、銀行詐欺の疑いで訴追された水原一平・元通訳の違法賭博疑惑である。『米番記者が見た大谷翔平』(朝日新書)で米メディアの番記者による対談の進行役を務めた日本人ジャーナリストが、締切の都合上、書籍内に盛り込むことができなかった「水原事件」について、共著者たちの本音を聞いた。

【写真】この頃から大谷選手のカネに…水原氏の表情からなにが読み取れる?

 「とにかく驚いた」

 スポーツ専門メディア『ジ・アスレチック』でエンゼルスとドジャースを担当するサム・ブラム記者は、水原一平・元通訳の解雇を知った時のことをそう振り返る。

 「(野球賭博で永久追放された)ピート・ローズ以来のすごいスキャンダルだし、翔平と一平は常に一緒にいたから、『窃盗』なんて言葉を目にしてショックだったよ。一平は、本当に誠実な人だと見られていて、ファンにも愛されていた」

 ブラムは、21年から大谷と水原の関係を近くで見続けていた。『米番記者が見た大谷翔平』の対談では、大谷にとって水原は「親友」や「兄弟」のような関係で、「切っても切れない絆のようなものがあると感じる」と述べた。記者に対して気さくでフレンドリーな水原だが、大谷の情報を漏らすようなことは決してなかった。

 そんな水原が被告人として出廷した姿を見て、ブラムは現実とは思えなかったという。

水原元通訳

 「数年間、一平とは毎日のように球場で会っていた。彼は感情を顔に出さないタイプ。あまり笑顔も見せない。だから、法廷でも普段と変わらない表情だったけど、足枷を着けられている姿はショックだった。気の毒に思う部分もある。お金を盗んだのはもちろんよくないけど、闇の道にはまっていってしまった。悪い人ではないと思うんだ。でも、とんでもなく間違った選択をしてしまった。更生するのに必要な助けが得られるといいんだけど」

次のページ
銀行口座に一度もログインしていなかった