食道がんは、初期には自覚症状が乏しく、早期発見には内視鏡検査が有効です。発症には飲酒と喫煙が大きく関わることがわかっていて、男性に多いがんです。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊22年目を迎えた2024年版では、2022年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「食道がん手術」の全国ランキングをお届けします。

【病院ランキング】食道がん手術数が多い病院1位~40位はこちら(全4枚)

*   *   *

 週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は手術数を指標とした病院選びガイドとして2003年に創刊し、今年は22年目となります。各種のがん、心臓病、脳疾患、首・腰など、治療法別に31種類の設問が異なる調査用紙を作成し、全国4000を超える病院に対し約2万5千枚を配布。2023年9月から24年1月までの調査期間に回答のあった病院を、全国、地方別にランキング化しています。のべ4901病院を掲載しています。

 今回紹介するのは、「食道がん手術」。一般的に、がんが食道壁の粘膜内にとどまりリンパ節への転移がない早期がん(0期)では、内視鏡によるがんの切除が推奨されます。一方で、がんが粘膜の下の層にとどまっているI期は手術、進行がん(II期、III期)でも手術ができるからだの状態であれば手術が第1選択となります。

専門医による「食道がん」のくわしい解説はこちらhttps://dot.asahi.com/articles/-/210551

【取材した医師】
昭和大学病院食道がんセンター 教授 大塚耕司 医師

≪食道がん手術・全国ランキング≫

1位:国立がん研究センター中央病院(東京)/177件

2位:国立がん研究センター東病院(千葉)/176件

3位:恵佑会札幌病院(北海道)/168件

4位:大阪国際がんセンター(大阪)/132件

5位:がん研有明病院(東京)/126件

次のページ
食道がん手術数全国6位以下の病院はこちら